Kodak BlackがBruno Marsと共にスタジオ入りしていることが明らかに

今月の半ばに、8ヶ月間の服役を終えて釈放されたKodak Black。自由を手に入れて間も無く新しいミュージックビデオの撮影に取り組んでいることも報じられていたが、そんな彼が今回言わずと知れたスターであるBruno Marsと共にスタジオに入っていることが明らかになった。

昨日8月30日(木)、Bruno MarsのInstagramにKodak Blackとのスタジオでの2ショットがポストされた。二人はどうやら一緒に曲を作っているようで、顔を見合わせて何やら話し合っている様子を見せている。

🤔

Bruno Marsさん(@brunomars)がシェアした投稿 -

Kodak BlackはA$AP Rockyのアルバム『TESTING』に参加していたことも大きな話題を呼んだが、またしてもビッグネームとのコラボレーションが実現しつつあるようだ。Bruno MarsとKodak Blackの二人が作る曲はどのようなものに仕上がるのだろうか?今から目が離せない。

RELATED

Kodak BlackがGucciのブラックフェイスセーターへの批判に対し「あれは差別じゃない」と反論

言わずと知れたラグジュアリーブランドのGucciが発売した黒のセーターが問題となっている。セーターは鼻の下まで覆うマスクがついており、口の部分に穴があき周りを赤いラインが縁取るデザインとなっている。これが古くから黒人を差別する表現として用いられてきた「ブラックフェイス」と酷似している、として批判の対象となった。

Cardi BとBruno Marsのコラボ曲"Please Me"がリリース

Bruno Marsが"Finesse"のリミックスで共演を果たした、Cardi Bとのコラボ曲"Please Me"を緊急リリースした。

DrakeがKodak Blackの『Dying to Live』を「ここ5年間で一番好きなアルバム」と絶賛

先週末にリリースされたKodak Blackの最新作『Dying to Live』をDrakeが絶賛していることが明らかとなった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。