Kodak Blackが8ヶ月の服役の末釈放される

今年の一月より強盗、銃や弾薬の所持、性的暴行など複数の罪によって収監されていた人気ラッパーのKodak Blackが、先日8月18日にとうとう釈放されることとなった。

当初は一年間の服役を命じられていたKodakだが、獄中での行動や高卒認定試験に合格したことなども手伝い、8月中に釈放されることが予定されていた。

Kodakの弁護士であるBradford Cohenによると、彼は収監されたことで「内省的になる時間」を得られ、かなりの部分を改めることに成功したという。
彼は一日に二時間のみの自由時間を全て勉強に費やし、高卒認定試験の準備に向けていたそうだ。
CohenはKodakについて「彼は刑務所に入ってから本当に成長したと思います。釈放されたら、彼は音楽以外の分野でも成功することが出来るでしょう」と語っている。今回の服役がKodakにとって大きな成長の糧になったことが分かる。

釈放されたKodakが刑務所を後にする様子を撮影した動画が公開されており、そこで彼は「今はあまり多くのことは話せないよ」としながらも感極まった様子で笑顔を見せている。

Kodakは服役していた期間も音楽活動を続けており、A$AP Rockyのアルバム『TESTING』に収録された”Calldrops”に獄中からフックを提供した他、JadskissとTXSをフィーチャーした自身のシングル”Mama”をリリースしている。
釈放されたことによってより自由に音楽活動を行えるようになったKodak Blackは、これからどのような作品を発表するのだろうか。

RELATED

Kodak Blackが「俺はSticky Fingazを殴ってやった」と主張

先日は突如としてLil Wayneをディスしたことも話題となったKodak Blackが、またしてもベテランラッパーとの間にトラブルを抱えたようだ。

Kodak BlackがLil Wayneを「赤ん坊の内に死んでおくべきだった」とディス

Kodak Blackが、“Codeine Dreaming”でコラボを行なったこともあるLil Waynew突如としてディスしたことが話題となっている。

Kodak BlackがGucciのブラックフェイスセーターへの批判に対し「あれは差別じゃない」と反論

言わずと知れたラグジュアリーブランドのGucciが発売した黒のセーターが問題となっている。セーターは鼻の下まで覆うマスクがついており、口の部分に穴があき周りを赤いラインが縁取るデザインとなっている。これが古くから黒人を差別する表現として用いられてきた「ブラックフェイス」と酷似している、として批判の対象となった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。