Young Thugが「SEX」と名付けた蛇とともに新作『Slime language』のトラックリストを公開

現在制作であるというYoung Thugの新作『Slime Language』のトラックリストが公開。Chance the Rapperや元Blink-182のTravis Barkerなど豪華なゲストを迎えた今作だが、Young Thugはただトラックリストを公開するだけでは飽き足らず、「SEX」と名付けたペットの蛇も一緒に公開した。

Young Thug shares the features for his ‘Slime Language’ project with XXL along with a live snake ? Meet Sex

XXLさん(@xxl)がシェアした投稿 -

Young ThugはXXLとComplex宛に『Slime Language』のトラックリストと蛇が入った水槽を共に梱包したものを郵送したという。トラックリストには蛇の飼い方が共に記載されており、どうやらその蛇はXXLへのプレゼントとして贈られたもののようだ。
蛇の入った水槽には「HELLO, MY NAME IS “SEX”」との言葉がプリントされていることから、その蛇が「SEX」という名前であることが分かる。

Young Thug (@thuggerthugger1) just gifted XXL with a pet snake. Meet Sex ? ‘Slime Language’ coming soon

XXLさん(@xxl)がシェアした投稿 -

今年の2月には自身のTwitterにて「俺はSEXに改名する」「今から俺のことをSEXと呼んでくれ」と宣言したことで話題を呼んだYoung Thugだが、自らが「SEX」と改名することは流石に思いとどまり、蛇に「SEX」と名付けるということで落ち着いたのかもしれない。

トラックリストによると、アルバム『Slime Language』は全10曲で、中には”Lil Uzi Vert”というタイトルの曲も収録されている。『Slime Language』はプロモーションだけでなく、その内容もYoung Thugらしいユニークなものを期待できそうだ。

トラックリストは以下の通り。
1. "Gunna"
2. "Lil Duke"
3. "Hidoraah"
4. "Dolly"
5. "Lil Keed"
6. "Lil Uzi Vert"
7. "Tracy T"
8. "Jacquees"
9. "Strick"
10. "Nechie"

RELATED

GunnaのマネージャーがCamila Cabelloを知らなかったため“Havana”に参加できなかったことが明らかに

元Fifth HarmonyのCamila Cabelloが昨年リリースしたシングル“Havana”はシングルチャート1位を獲得したことをはじめ、数々の賞を受賞するなど2017年を代表する楽曲の1つだ。この曲にはフィーチャリングでYoung Thugが参加しているが、当初はGunnaが参加する予定だったことが明らかになった。

Young ThugがVirgil Ablohとのインタビューの中で「これまで15000曲をレコーディングした」と発言

Anderson .Paakが「65000曲のストックがある」と発言するなどラッパーたちが作った曲数を盛ることはあまり珍しくないが、今回はYoung ThugがInterview Magazineにて驚異的な数字を口にしている。

Young ThugのエンジニアAlex Tumayがファン達はリークを望むべきではないと語る

先日、最新EP『On The Rvn』をリリースしたYoung Thug。 EPの最後に収録されているElton Johnとの楽曲“High”はリリースの1週間前ほどにリークされてしまったのだが、ヒップホップに限らず、音楽業界においてリークというのは深刻な問題であり続けている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。