Young Thugが「SEX」に改名すると主張

ラッパーのYoung Thugが、ラッパーとしての名義を「SEX」に変更するとTwitterに投稿した。

ThugはTwitterに「おれは名前をSEXに変える」と投稿し、「今からおれのことをSEXと呼んでくれ」と続けた。

2016年のアルバム『Jeffery』をリリースする際にも、Thugは自身の名前を「No My Name Is Jeffery」に改名すると主張していたが、結局その後もYoung Thug名義を使用し続けているので、今回の「SEX」への改名もどこまで本気にしていいのかは、現在のところはわからない。ただかなり大胆な名義変更であることは確かだ。

 

RELATED

Young Thugが新作『Slime Language』のリスニングパーティーで逮捕される

Young Thugがリリースを予告していた新作『Slime Language』を、先ほどリリースした。

Young Thugが「SEX」と名付けた蛇とともに新作『Slime language』のトラックリストを公開

現在制作であるというYoung Thugの新作『Slime Language』のトラックリストが公開。Chance the Rapperや元Blink-182のTravis Barkerなど豪華なゲストを迎えた今作だが、Young Thugはただトラックリストを公開するだけでは飽き足らず、「SEX」と名付けたペットの蛇も一緒に公開した。

Young Thugが「自分が今の若手ラッパーのための道を切り開いた」と主張

Chance The Rapperとのコラボを示唆するなど、今年はリリースはしないという宣言を一度はしつつも精力的な活動を続けているYoung Thug。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。