ラッパーのYoung ThugがNo, My Name Is Jefferyに改名?

アトランタを拠点に活動するラッパーYoung Thugは8/16に新作ミックステープ『Jeffery』をリリース予定だ。2016年に入ってリリースした2本のミックステープ『I'm Up』と『Slime Season』でもその唯一無二のフロウとキャラクターをみせつけ、新作『Jeffery』もリリース前からメディアの注目が集まっている。そんな中リリース直前のタイミングでYoung Thugが改名するとの情報がもたらされた。

Thugの所属レーベル300.Entertainmentの主宰者であるLyor CohenがRap Radarのインタビューに登場し改名について語った。Cohenは「Young Thugは今後はYoung Thugではない。彼の新しい名前は"No, My Name Is Jeffery"になるだろう」と述べた。さらに「新しいプロモーションムービーを見れば、私たちが300で行おうとしていることをすぐに理解できるだろう」とCohenは語る。

CohenはYoung Thugの改名がThugのアーティストとしての進化の一部であり、とてもシリアスな変化であることの理解を求めた。「彼の名前について今後も変わらず敬意をもって接して欲しい。なぜならこれはとても重要なことだからだ」とCohenは語った。

またYoung Thug(No, My Name Is Jeffery)は自身のTwitterに新作『Jeffery』の手書きのトラックリストをアップしている。

related

French Montanaが「俺はKendrick Lamarよりもヒット曲の数が多い」と発言しInstagram上でのバトルを計画|なぜかYoung Thugが横槍を入れる

新型コロナウイルスによる自宅待機の中、Insgtagramライブを用いた配信が人気を増しつつある昨今。ヒップホップシーンではSwizz BeatzとTimbaland、Scott StorchとMannie Freshらによるビートバトルが大きな盛り上がりを見せた。そんな中、French Montanaもバトルの流れに乗ることを考えているようだ。

会社のクレジットカードを不正利用しSNSのフォロワーなどを買い成功したラッパーに見せかけていた男が逮捕される

ラッパーとして活動する人の多くは、いつか大きな成功を収め豪華な暮らしを送ることを夢見ているはずだ。しかし、中には会社の金を横領しラッパーとしての架空のキャリアをでっち上げる猛者も存在するようだ。

ニューヨーク州がブロンクスのヒップホップ博物館に370万ドルの助成金を支給

昨年ブロンクスに建設されることが発表され、2023年のオープンが予定されているヒップホップの博物館『Universal Hip-Hop Museum』。今回、同博物館にニューヨーク州が助成金を支給することが明らかになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。