Rihannaのレゲエアルバムには豪華ラインナップが参加か?

2016年にリリースしたアルバム『Anti』がロングヒットを記録し、現代を代表するディーヴァであることを我々に改めて認識させたRihanna。リリースから2年経った今でも『Anti』を聴いている人は少なくないはずだ。

今年の5月にVogueのインタビューに登場したRihannaは自身9枚目のアルバムとして、レゲエアルバムを制作中であることを明かしていたが、続報が入ってきた。

Rolling Stoneによると、Roc NationそしてRihannaのチームは今、提供された500個にも及ぶトラックのなかから、アルバムに使用するものを10個選ぶ段階に入っているとのこと。

Rihannaのチームの元には多くの著名な音楽プロデューサーからトラックが持ち寄られたようだ。

たとえば、これまでDrakeやNicki Minajに楽曲を提供してきたSupa Dupsや、BeyonceをプロデュースしたことのあるR.City、そしてSkrillexなどからトラックが提供されたらしい。

その他にも、今回のアルバムがダンスホールアルバムというだけあって、Vybz KartelやSean PaulをプロデュースしてきたStephen“Di Genius”McGregorなど、レゲエやダンスホールシーンのプロデューサーに加え、KraniumやChronixxなどのレゲエシンガーからの提供も多いようだ。

『Anti』に収録されスマッシュヒットを記録した“Work”を筆頭に、これまでも何度かレゲエ・ダンスホール感の強い曲に参加してきた彼女なので、どんなトラックにでも合わせることはできそうだが、500から10に絞るのはなかなか大変そうである。

完成時期などの詳しい情報はまだ明らかになっていないが、是非夏にリリースして欲しいものだ。

RELATED

Rihannaがデートのためのアドバイスを行う

British Vogueの表紙を飾ったRihannaが、恋愛を始めるときのデートの方法についてアドバイスを行なっている。

Rihannaがレゲエアルバムを制作中ということが明らかに

VogueにRihannaのインタビュー記事が掲載されており、そこで彼女は現在制作中の9枚目のアルバムについて語っている。

RihannaがCoachellaでブレスレット型の携帯用瓶を身につける

RihannaがCoachellaで毎年話題を提供してくれるのは皆さんご存じだろう。去年はド派手なGucciのボディスーツで周囲を驚かせたが、今年はどうだったのだろうか。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。