ロシアのパンクバンドPussy Riotがワールドカップ決勝戦に乱入

日本でも大変な盛り上がりを見せたロシアW杯だが、フランス対クロアチアの決勝戦のさなか、ロシアのフェミニズムパンク集団Pussy Riotのメンバー4人が突如ピッチに乱入した。

警官のコスチュームに身を包んだ4人はフィールドを走り回り、選手とハイタッチをするなどのパフォーマンスを行なった。

決勝戦の終了後まもなく、グループはTwitterやFacebookで声明を発表。警官による不当逮捕への抗議や政治犯の解放を要求し、また決勝戦の行われた7月16日が旧ソ連の詩人であるドミトリー・プリゴフの11回忌だったことから、警察官や権力に対する痛烈な批判を行なった彼に対するオマージュとして警察官に扮したことを明かした。

また、Pussy Riotは乱入前に収録したと思われるビデオを公開し、先述と同様の要求を行なっている。

Pussy Riotは2011年より活動を開始し、一貫してプーチン大統領に対する抗議を続けてきたことで知られている。2012年にはモスクワの赤の広場にてゲリラ演奏を行い当局によって不当に逮捕されたため、彼女たちの解放を要求する声が欧米の様々なアーティストらによって上がったことも話題となった。
賛否両論のある今回の乱入行為だが、プーチン大統領も観戦していたという決勝戦でこのような命懸けのパフォーマンスを行なった勇気は賞賛に値するだろう。SNSでは現在#PussyRiotTrueWorldChampion(Pussy Riotが真の世界王者である)というハッシュタグが流行している。

RELATED

Pussy Riotの創設メンバーによるエッセイ集が刊行 | 日本初の関連本

ロシア・W杯決勝戦の最中に、プーチン政権への抗議の意味をこめた乱入を行ったロシアのパンクバンドPussy Riotの創設メンバーでブレイン的存在のマリア・アリョーヒナによるエッセイ集『プッシー・ライオットの革命RIOT DAYS(仮)』が10月に刊行される。

W杯で韓国がドイツを倒したことで予選突破ができたメキシコでBTSの再生回数が大幅アップ | 人気歌手は差別的リアクションで批判を集める

現在開催されているロシアワールドカップで、これまで一番のサプライズといえば前回チャンピオンのドイツの予選リーグ敗退だ。

ロベルト・バッジョとdiadoraのカプセルコレクション

8月12日(土)より、元イタリア代表のスーパースター、ロベルト・バッジョとdiadoraのカプセルコレクションが発売開始となる。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。