DAIRIKUの18FW コレクションのLOOKが公開 | テーマは「HOME KIDS」

23歳のデザイナー岡本 大陸によるブランドDAIRIKUが、18 FW COLLECTIONのLOOKを公開した。

岡本は大阪独自のユーズドアイテムやユースカルチャーに影響を受け、VANTANデザイン研究所ファッションデザイン学科に入学し、在学中から自身のブランドDAIRIKUをスタートした。

昨年2月にはNYファッションウィークにて、初となるランウェイ形式でコレクションを発表。現在は東京に拠点を移し、2018SSシーズンより本格的に展示会形式でコレクションをスタートした。

DAIRIKU 2018 FW image-4 DAIRIKU 2018 FW image-7

「HOME KIDS」をテーマにした今シーズンはコンピューターメーカーのロゴをサンプリングし、アメリカ国旗とMIXしたアイコニックなデザインを中心に、古着をベースとしたトレンドのシルエットを落とし込んだブランド独自のアイテムが揃う。誰しもが懐かしいと思えるようなアイテムチョイスでノスタルジーを喚起させる。

18-19 FW LOOK BOOK
Stylist:Kan Fuchigami / 渕上寛
Photo:Shun Komiyama / 小見山駿
Hair make:Ryutaro Nagasawa / 長澤隆太郎

RELATED

HUF FALL 2018 LOOKBOOKとVIDEOが公開

スケーターのみならず、様々なカウンターカルチャーに精通する人々に向けられたHUFのFALL 2018のLOOKBOOKとVIDEOが公開された。

BlackEyePatchの2018 FW Collection LOOKBOOK | 00年代のヒップホップカルチャーをモチーフ

「東京」をアイデンティティーとした自分たちの表現を掲げ、コレクションを展開しているBlackEyePatchから、2018 FW CollectionのLOOKBOOKが到着した。

mindseeker FW 18のLOOKBOOKが公開 | テーマは「革命」

mindseekerからFW 18のLOOKBOOKが公開された。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。