"This is America"に盗作疑惑 | Childish Gambinoのマネージャーは否定

Childish Gambinoの”This is America”がついにYoutubeで3億回再生を突破した。早くも今年を代表する1曲となりそうな”This is America”だが、最近この曲の盗作疑惑がネットで噂されている。Jase Harleyによる”American Pharaoh”のフロウとビートを盗用していると多くのファンが糾弾しているようだ。

5月にミュージックビデオが公開され、多くの人々に強烈な衝撃を与えた”This is America”。しかしこのヒットソングは実は盗作なのではないかと話題になっている。NYのラッパー、Jase Harleyが2016年にリリースしたアルバム『Free Pxrn: The Memoir of an American Heathen』に収録されている楽曲”American Pharaoh”にあまりにも類似していると指摘された。

この件についてChildish Gambino本人はまだコメントしていないが、彼のマネージャーであるFam RothsteinがTwitterで反論をしている。とあるユーザーによる「This is Americaが盗作だって気づいた」というツイートに対してマネージャーのFamはこのようにコメント。DgjiAhKVQAIu-DP

「インターネットは本当にどうしようもない場所だ。全く信憑性のないこの人の発言を皆信じて疑わない。この曲(This is America)は3年前に作り始めたものだ。それを証明できるPro Toolsのファイルだってある」とFamはツイートしている。

マネージャーはこのように主張しているが、実際聴き比べてみるとどうなのだろうか。確かに彼の言う通りネットは信憑性のない情報でも拡散されやすいが、今回のこの2曲は実際に共通する部分もいくつかある。

こちらは歌詞解説サイト『Genius』がYoutubeに投稿した”This is America”と”American Pharaoh”を比較する検証動画。

 

フロウとビートが類似している点だけではなく、曲の扱っているトピックにも共通点がある。黒人が不当な扱いを受けていること、さらに銃問題や警察による暴力などを始めとする、アメリカの抱える現代社会の問題に向けたメッセージがどちらの曲にも込められているのだ。

盗作疑惑の話題が広まると、”American Pharaoh”を歌うJase HarleyのInstagramのコメント欄にこの件について問うコメントが多数寄せられた。「あなたの”American Pharaoh”をChildish Gambinoが盗んで”This is America”を作ったと多くの人が言っているけどこれについてどう思う?」というコメントに対してJase Harleyは返信。

「最初に聞いたときから、俺の曲がインスパイア与えたんじゃないかなって感じていたよ」とJase Harleyはコメント。さらにそのコメント欄に「けど別に問題ではない。俺の曲を気に入ってくれて嬉しいよ。すべては愛だ。」と、たとえ本当にインスパイアされていたとしても気にしないと綴った。

「シャウトアウトでもしてくれたら良かったけどね。『今回影響を受けたうちのひとつ』ということと、『どんなアーティストでも他からインスパイアを受ける』ってことを」と語っている。

後日Jase Harleyは今回の騒動について改めてInstagramに投稿。「歴史に残るであろう重要な楽曲に影響を与えた音楽のひとつであると認識されてるようで、気が引き締まる思いだ」と感謝を述べた。

それに続き、「この論争のせいで、俺やChildish Gambinoが伝えようとしているメッセージを薄めてしまようなことだけは絶対に避けてくれ。俺たちが伝えようとしているのは俺らが受けている不当な扱いに対しての主張であり、彼は俺たちの声を届ける場を提供してくれている。その彼がしてくれたことは忘れてはならない。社会に変化をもたらし、平等を目指すことが何よりも大事だ。それは俺や彼よりも大きなことであり、そして音楽よりも大きなことだ」と言及している。

決してChildish Gmabinoを非難せず、2つの曲に込められているメッセージが広まることが重要であると冷静にコメントしているJase Harley。彼の楽曲"American Pharaoh"はこちら

RELATED

グラミー賞で"This Is America"が主要賞含む4部門で受賞 | ヒロ・ムライも最優秀ミュージックビデオ賞を獲得

昨日行われた第61回グラミー賞授賞式でChildish Gambinoの"This Is America"が、年間最優秀レコード賞や年間最優秀楽曲賞などの主要賞を含む4部門を獲得した。ラップ楽曲が年間最優秀楽曲賞を受賞するのは初めてのこととなる。

グラミー賞でのパフォーマンスをKendrick LamarやDrake、Childish Gambinoなどが相次いで断る

いよいよ現地時間の2月10日に迫るグラミー賞の授賞式だが、ヒップホップアーティストが相次いで授与式でのパフォーマンスのオファーを断っていると伝えられている。

Coachellaが今年のラインナップを発表 | Childish GambinoやTame ImpalaがヘッドライナーでPerfumeやBLACKPINKも出演

アメリカ最大級のフェスの1つ、Coachellaの今年のラインナップが発表された。4/12~4/14と4/19から4/21の2週間連続で同じラインナップで開催されるCoachella、今年は期待されていた通りにChildish Gambinoがヘッドライナーを務め、他の2日はTame ImpalaとAriana Ggrandeがヘッドラインで出演する。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。