PUMAとXLARGEがSuede 50周年を記念し90年代のヒップホップカルチャーに敬意を払ったモデルを発表

ブランドの代表的なスニーカーSuedeの50周年を記念して音楽・ファッションなど様々なシーンを代表するパートナーとコラボをしてきたPUMAが、新たにXLARGEとのコラボを発表した。

今回発表されたモデルSUEDE CLASSIC X XLARGEは、90年代にアメリカでリリースされていたビンテージモデルに、インスパイアを受けたブラック×ケリーグリーンのカラーを採用。同じ配色を発表しないという哲学をもつPuma Suedeにとって、待望の復刻カラーとなる。

18SS_xSP_Suede50_XLARGE_Q2_Product_7711_RGB

18SS_SP_Suede50_XLARGE_Q2_5_RGB

18SS_SP_Suede50_XLARGE_Q2_2_RGB

撥水加工を施したスウェードアッパーを採用し、あらゆる天候下でもポテンシャルを発揮し、シュータンは、通常のラベル仕様ではなく、刺繍で表現したロゴと OG ゴリラロゴを施し、普段とは違ったモダンな表情。シンセティックレザーの履き口とヒールマークは、アッパーと同じくブラックを採用することでミニマルな印象になった。

18SS_xSP_Suede50_XLARGE_Q2_Product_7785_RGB

18SS_xSP_Suede50_XLARGE_Q2_Product_7724_RGB

18SS_SP_Suede50_XLARGE_Q2_1-film_RGB

両者のブランドロゴが顔を並べたコラボレーションロゴはインソールに、またシューレースは、ブラック、ホワイト、そして両者ロゴをプリントした3種が用意される。シューズボックスも、90年代当時のボックスのデザインが踏襲されフリークにも嬉しい仕上がりになった。

SUEDE CLASSIC X XLARGEは6/28から、プーマ オンラインストア、 ストア、プーマ取り扱いの限定店舗、XLARGER限定店舗とオンラインストアで発売予定だ。販売価格は¥13,800(本体価格)となっている。

Info

プーマお客様サービス 0120-125-150

 

RELATED

Toyamegが描き下ろしたMOONSTARの歴史やクラフトマンシップにフォーカスを当てた展示イベントが開催

145年の歴史をもつMOON􏰂􏰀STARの総合旗艦店『MOON􏰂􏰀STAR􏰃 Factory Ginza』のオープンにあわせ、イラストレーターのToyamegとのコラボによるブランドの歴史やクラフトマンシップにフォーカスを当てたアートイベントを11/19(月)から開催する。

BILLY'Sで90年代VANSの隠れた名作『LAMPIN』をモデルにしたエクスクルーシブスニーカーが登場

積極的にエクスクルーシブなモデルをリリースし続けているBILLY'Sから、VANSの限定スニーカーが登場。

PUMAとThe Weekndによる最新コレクション

PUMAとThe Weekndによる3シーズン目となるコラボコレクションが発表となった。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。