GRAND KIRINとJazzy SportによるコラボロングTシャツを100名様にプレゼント | 人気モデルmiuの1日店長企画も

6/5からスタートしているGRAND KIRINとFNMNLによるスペシャルなスタンプラリー企画『Hang Out With GRAND KIRIN』

東急東横線沿線5駅のビールバーや音楽ショップ、バーバーなど6店舗の協力を得てスタンプラリーを企画。本日6/5(火)から6/30(土)まで開催されている、この企画に関連したWebプレゼント企画がスタート。

今回の企画にも参加しているJazzy SportがデザインしたGRAND KIRINとのコラボレーションロングTシャツを100名様にプレゼントする。Tシャツには今回のために制作されたスペシャルなロゴや、Jazzy Sportらしいエッセンスが注入された遊び心のあるグラフィックが乗っている。LOOKには人気モデルのmiuが登場、撮影は横山純が行った。

G015

G003

G005

G007

G010

ロングTシャツはM、L、XL、XXLの4サイズとなっていて計100名様にプレゼントされる。プレゼントへの応募方法は以下だ。(締め切り 2018/6/22 23:59)

1 以下のツイートをRT

2 こちらのGoogleフォームに必要情報を記入(1人1回のみ応募可能 ※応募にはGoogleアカウントが必要です) 

またLOOKにも登場したmiuが、スタンプラリー企画開催中の明日6/16(土)の17時から1時間程度、Jazzy Sport Music Shopの店頭にこの企画のサポーターとして登場。ぜひ他の参加店舗を回りつつ、Jazzy Sportの該当商品であるDJ MITSU THE BEATSによるビート作品『BEATS OF THE MONTH』のCDを購入して、スタンプラリー参加特典もゲットしよう。

Jazzy Sport Music Shop Tokyo 店舗情報

東京都目黒区五本木3-17-7

営業時間 日曜定休 2PM~9PM(臨時休業の場合がございます。直接店舗にお問い合わせください)

電話番号 03-6452-3916

Info

0604_grandkirin

Hang Out With GRAND KIRIN

6/5(火)~6/30(土)

参加店舗

渋谷 : ØL Tokyo

代官山 : King George

中目黒 : Ohka The Bestdays

祐天寺 : GURU's cut&stand

学芸大学 : Jazzy Sport Music Shop Tokyo

学芸大学 : 听屋焼肉

大阪 : Pulp 、HOPKEN、カチャロンカ、Mr.samosa

(※なお参加店舗は都合により店休日などが変更になる場合がありますのでご了承ください)

RELATED

ボーイズ・グループINTERSECTIONが持つ可能性

いまグローバルなポップスのシーンで、最も勢いのあるボーイズグループといえば、今年リリースしたアルバムが韓国のアーティストとして初めて全米1位を獲得し、TIME誌の次世代の顔にも選出されたBTSで衆目が一致するところだろう。

【ライヴレポート】『分離派の夏』の終わり | 小袋成彬がライヴで表現した言葉にならない感覚

小袋成彬はさまざまなインタビューで、デビューアルバム『分離派の夏』は個人的な作品であると話していた。だが同時に「主観と客観のせめぎ合いを音楽の秩序に放り込んだんですね。語っているのは自分なのか、子供の自分なのか曖昧なまま突き進んでいって、曲が出来た瞬間に完全に自分から離れるんですよね。僕のものではなくなるというのは実感していて。僕は作者と作品は全く別物だと思っていて」(FNMNL)とも語っている。小袋はライヴでどんなパフォーマンスするのか、そんな思いで会場に向かった。

Taeyoung BoyがFriday Night Plansをフィーチャーした"Ain’t nothing"をリリース

EP『GIRL』をリリースし、様々な客演もこなしているTaeyoung Boyが、新鋭R&BシンガーのFriday Night Plansを客演に招いた新曲"Ain’t nothing"を本日リリースした。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。