6ix9ineがシカゴでホームレスになどに食料を支給しChief Keefなどを挑発

MUSIC  2018.06.13  FNMNL編集部

6ix9ineは、Chief Keefとその従兄弟のTadoeとのビーフをきっかけに、現在シカゴの多くのラッパーたちを敵に回してしまっている。そんな彼がいわばアウェーであるシカゴに乗り込んできた。

6ix9ineは自身のInstagramにハンバーガーなどを持ち、シカゴのホームレスなどにそれらを支給し、「コミュニティーに与えているんだ、シカゴのラッパーたちがやらないかわりにな」とコメントしている。

IN LOVE WITH YALL FUCKING CITY CHICAGO 😂😂😂❤️❤️❤️

TATI OUT NOW LINK IN BIOさん(@6ix9ine_)がシェアした投稿 -

慈善活動とビーフ中のラッパーへの挑発を組み合わせるのは、6ix9ineらしいやり口といえる。シカゴに降り立った6ix9ineは当初はセキュリティーなしで活動すると主張していたが、目撃者によれば6ix9ineはセキュリティーではなく、シカゴの警察に守られて行動しているとのことだ。

これに対してビーフ相手のChief Keefは6ix9ineの支援者である50 Centに対して、6ix9ineにもっとセキュリティーを雇った方がいいと、不敵な投稿をTwitterで行っている。

わざわざ相手の拠点まで乗り込み挑発する6ix9ineも6ix9ineだが、とにかく何事もないことを祈ろう。

MUSIC

FASHION

CULTURE