【特集】starRoからSik-Kに"HANG OVER"についての10の質問

starRoがKID FRESINOと鋼田テフロンをフィーチャーしたシングル"HANG OVER"。この楽曲に新たにSik-KとROMderfulが加わったリミックスバージョンが、本日リリースされた。

このリミックスバージョンでも彼らしいメロディックなフロウを披露してくれた、韓国の大人気ラッパーSik-Kに対し、starRoが"HANG OVER"についての10の質問を投げかけた。

1. 酒飲みのW杯があるとしたら韓国は何位になると思いますか?

Sik-K - 私は酒飲みではないですが、韓国は間違いなく優勝するでしょうね。

2. 自分のお酒の強さを0~10段階で評価してください。

Sik-K - 多分0ですね...。

3. 良い酒飲みなら1、悪い酒飲みを10として自分を1~10段階で評価してください。

Sik-K - やっぱり10でしょうね。

4. バーで曲をかけてほしいと言われたらどんな曲を選びますか?

Sik-K - BIGBANGの"WE LIKE 2 PARTY"ですね。

 

5. ハングオーバーのための1曲といえば?

Sik-K - starRoさんの" Hang Over feat. Sik-K, 鋼田テフロン, ROMderful"ですね。

 

6. 2日酔いになった時の、解決策は?

Sik-K - 全部吐くか、フォーかダブルチーズバーガーを食べますね。

7. カクテルかリキュールでこの曲を表すとしたら?

Sik-K - ソジュ(=朝鮮半島の伝統的なお酒)ですね。

8. この曲のどの部分が好き?

Sik-K - 自分のバースとstarRoさんのヤバいビートですね。

9. 日本の女性は好きですか(笑)?

Sik-K - はい、日本人の友達もいますよ。

10. 最後に二日酔いで苦しんでいる人にメッセージを!

Sik-K - そんなに飲み過ぎないで、みんなクレイジーだよ!

Info

HANG OVER Sik-K v erカバービジュアル

発売日:2018年05月02日(水)
形態:配信シングル
タイトル:HANG OVER feat. Sik-K, 鋼田テフロン, ROMderful
品番:TFDS-00456
作詞:Sik-K, Kickhaiku
作曲:starRo, 鋼田テフロン, ROMderful
編曲:starRo

次ページは英語版

RELATED

H1GHR Musicのレーベルショーケースが開催 | Sik-K、Woodie Gochild、HAONが出演

Jay ParkとCha Cha Maloneが設立したレーベルH1GHR Musicが、日本初のレーベルショーケースを11/23(金・祝)に東京・渋谷WWWで開催する。

LAの注目ラッパーDuckwrthとstaRro、Olive Oilなどが出演するスペシャルイベントが開催決定

5/28(月)に東京NOS EBISUで、LAの注目ラッパーDuckwrthやstarRo、Olive Oilなどが出演するイベント『Music Library』が開催されることになった。

starRoの"HANG OVER"に新たにSik-KとROMderfulが参加したリミックスのミュージックビデオが公開

starRoがKID FRESINOと鋼田テフロンをフィーチャーした話題のシングル"HANG OVER"。エクレクティックなテイストが話題となった同曲に新たに韓国のトップラッパーのSik-Kと、Soulectionに所属するROMderfulが参加したリミックスバージョンのミュージックビデオが公開された。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。