伝説のシンガー佐藤奈々子とRiki Hidakaによるコラボ作『Golden Remedy』が6月にリリース

『Funny Walkin'』をはじめとする70年代の名作群の再評価も著しい伝説的なシンガーの佐藤奈々子は、90年代以降~現在に至るまでフォトグラファーとしての活動を続けつつ国内外の様々な世代の才能と交流を続けてきた。

カメラ=万年筆とコラボした前作『old angel』以来5年ぶりとなる6月にリリースされるニュー・アルバム『Golden Remedy』では、ギタリストのRiki Hidakaをパートナーにチョイスした。

Hidakaは、昨年と今年の二度に亘り、ジム・オルーク、石橋英子との共演ツアーを成功、独特の「気配」を宿した幽玄なギター・サウンドで注目を浴びている。

Nanaco + Riki Hidaka名義でリリースされる今作は、Riki Hidakaの楽曲をベースにNanacoがメロディと詞を付けた9曲を収録。デビュー以来変わることのないNanacoのウィスパー・ヴォイス、詩情溢れる言葉の数々、そしてRiki Hidakaの変幻自在なギター・サウンドが結実したものになった。

Info

Nanaco + Riki Hidaka『Golden Remedy』
2018年6月20日リリース
PCD-25259 定価:2,500円+税

<トラックリスト>
1. Old Lady Lake
2. 王女の愛 (Love of Princess)
3. Frankincense Myrrh Gold
4. I Will Marry You
5. 美しい旅人 (Beautiful Traveller)
6. Secret Rose
7. 未来の砂漠でギターを弾く君と私 (The Desert)
8. 魔法使い (Wizard)
9. 白鳥 (Swan)

<参加ミュージシャン>
オカモトレイジ (OKAMOTO’S):dr
野宮真貴:cho
ジェシー・パリス・スミス:keys, cho
Babi:cho
佐藤優介 (カメラ=万年筆):p
佐藤望 (カメラ=万年筆):chorus arrangement
ほか

RELATED

佐藤奈々子のLight Mellow名盤4作がCDでリイシュー | キャリア40年で初のインストアイベントも開催

1977年にデビューし、類まれなるウィスパーヴォイスで多くの影響を与えたシンガーの佐藤奈々子の、デビュー40周年を記念してアルバム4作がCDでリイシューされることになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。