Kanye Westが釣り目的の"Lift Yourself"とT.I.をフィーチャーした政治的な"Ye vs. the People"の2曲を公開

Kanye Westがついに2016年以来となる自身の新曲を一挙に2曲公開した。

1曲目の"Lift Yourself"はKanyeのオフィシャルサイトで公開。

この曲についてKanyeはHot 97のEbro宛のバースがあると公開前にTwitterに投稿していた。

しかし公開された楽曲は1973年にソウルグループAmnestyの"Liberty"をサンプリングしており、Kanyeのバースといえば、

Hoopdity scoop
Scoopdity woop
Woopty scoopty poop
Poopty scoopty
Scoopty woop
Woopity scoop, woop poop

という音遊びのようなものが続くナンセンスなもので、こちらは釣り楽曲だった。しかしPower 106 FMで公開されたT.Iをフィーチャーした楽曲"Ye vs. the People"は一転として政治的な楽曲だった。この楽曲ではT.IがKanyeに対する立場をとり、議論をしていくような形で楽曲が進んでいく。

Kanyeは楽曲の中で「オバマは天与だった、しかしトランプが大統領選挙に勝ったことで、おれも大統領になれる」と、トランプ大統領の誕生がきっかけで、自身の大統領への扉が開いたと主張。

さらに最近Make America Great Againのキャップをかぶったことに対する応答とも思えるバースも。「Make America Great Againはネガティブな意味合いをとられている。おれがそれを使い、着用することで新しい意味を与える。共感、ケアの心、愛、優しさを付け加えた」と自身の主張に補足を加えている。"Ye vs. the People"はこちらで聴くことができる。

RELATED

TIDALがBeyonceとKanye Westのストリーミング再生回数を人為的に増加させた疑惑についてノルウェーの国家機関が調査を敢行

昨年より、Jay-Zによる音楽ストリーミングサービスTIDALがBeyonceの『Lemonade』とKanye Westの『The Life of Pablo』の再生回数を人為的に増加させた疑惑がノルウェーの新聞DagensNæringslivとノルウェー科学技術大学によって指摘されていた。現在、ノルウェーの経済犯罪捜査機関であるØkokrimが、TIDALによるストリーミングデータ操作疑惑についての調査を行なっていることが伝えられている。

Kanye WestがアーティストJames Turrellに10億円の寄付を行うと発表

光をテーマとしたインスタレーションで世界的に知られているアメリカのアーティストJames Turrellに、Kanye Westが多額の寄付を申し出たことが話題となっている。

Kanye WestがCoachellaの会場に巨大なドームの建設を要求しヘッドライナーを外される

先日発表されたアメリカ最大級の音楽フェスCoachellaのラインナップ。ヘッドライナーにはChildish Gambino、Tame Impala、Ariana Grandeの三人が発表されているが、当初ヘッドライナーにはKanye Westが予定されていた。今回、Coachallaの共同創設者であるPaul TollettがKanye Westの降板の理由を明かしている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。