新鋭ラッパーYBN NahmirがSoundCloudラッパーを「全員ジャンキーみたいな奴ら」と批判

アラバマ州バーミンガム出身の新進気鋭ラッパーYBN Nahmirが、Big Boyがホストを務めるラジオ番組に出演し、SoundCloudラッパーについて「変人でジャンキーだ」と批判した。

今年、18歳のラッパーYBN Nahmir。昨年の9月中旬にリリースしたシングル"Rubbin Off The Paint"がYouTubeやSoundCloudでバイラルヒットし、注目を集めている。最近では、シングル"Bounce Out With That"をリリースし、こちらも着々と再生回数を伸ばしている。そんな彼もハイブランドで揃えたファッションや過激なリリックなどから、いわゆるSoundCloudラッパーの1人として数えられているが、本人の内心は違うようだ。

ホストのBig Boyからなぜ顔にタトゥーが無いのかと聞かれると、「俺はSoundCloudラッパーじゃないからだ」と応え、「俺はそんな奴らとは違うし、今まで誰もなれなかったものになるんだ。あんな派手な演出はしないよ」と、自身の方向性をアピールした。さらに、Nahmirは、「みんな顔にタトゥーを入れたがるけど、その流行は何の意味もないよ。あのバカたちは実生活でもダーティーなのか?狭いインターネットの世界で自分の見た目を過激に演出しているだけだ」と自身の見解を語り、自身は彼らと同列に見られたくないという理由で、銃や悪いイメージを与える投稿を止めるようになったという。

万引きや奇行を繰り返すBoonkや6ix9ine、Lil Pumpなど売れるために破天荒なパフォーマンスや生活を繰り返すラッパーは、ファンの人気の的。以前紹介したBlink-182のTravis Barkerの14歳の息子が顔にタトゥーを入れたがっているというエピソードはそれを象徴している。しかし、Nahmirは、自身と新世代ラッパーとの棲み分けをはっきりさせる。

Nahmirは、さらにSoundCloudラッパーについて言及した。SoundCloudラッパーはアーティストと考えているかと質問されると「彼らは、奇人かジャンキーだ」と批判し、「彼らみんなジャンキーだ」と強調した。

Nahmirは、Travis Barker同様、若者がタトゥーを入れることに対し冷静な意見を述べている。

RELATED

注目の若手クルーYBNが90年代のラップについて語る

今年のXXL Freshmanにも選出されたYBN Nahmir を擁する注目のクルーYBNのメンバーが、Complexの番組『Open Late』に登場した。

SoundCloudチャートで音源が聴かれなくても1位を獲得する巧妙な方法

元々はダンスミュージックのプロデューサーやDJのためのプラットフォームとして成長していたSoundCloudが、ヒップホップシーンで注目を集めるようになったのはここ最近のことだ。Lil Uzi VertやLil PumpやSmokepurpp、故Lil PeepなどいわゆるSoundCloudラッパーと言われる、SoundCloudで注目を集め羽ばたいていくラッパーが多く登場している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。