注目の若手クルーYBNが90年代のラップについて語る

今年のXXL Freshmanにも選出されたYBN Nahmir を擁する注目のクルーYBNのメンバーが、Complexの番組『Open Late』に登場した。

番組にはYBN Nahmir、YBN Cordae、YBN Almighty Jayの三人が出演し、YBNクルーがXBOXのゲームのチャットを通じて結成されたことなどを語っている。

インタビューはメンバー間の仲の良さを感じさせるようなもので、それぞれがそれぞれを別のグループのメンバーに例えるくだりでは、Almighty JayがCordaeに対して「お前はMigosで言うとBad & Boujeeで忘れられてた奴(Takeoff)だよな」と甘噛みした他、ゲームをしていた過去を隠したがり「俺はゲームもインターネットもやってなかったよ」と発言したAlmighty Jayに他の二人が「お前”遊戯王”と”NARUTO”大好きでゲームばかりしてたじゃねえか」と突っ込むなどユーモラスなやりとりを見せた。

途中、司会のPeter Rosenbergが三人に影響された音楽を尋ねるパートでは、Eazy-Eがフェイバリットだと語るNahmirをよそに、Almighty Jayが「俺はそのとき流行っていた音楽しか聴かなかったんだ。ラップの歴史も知らないし、聴いてた中で一番古いラッパーはLil Wayneだ」と過去のアーティストをディグしていないことを明かした。

Peter Rosenbergが「YBNのスタイルはOl’ Dirty Bastardを思い起こさせる。この中にWu-Tang好きだった人はいる?」と尋ねると、Almighty Jayは「俺はそんなに昔まで遡って聴いてないね。ディスするつもりはないけど、Wu-Tangが誰かも知らない」と語った。彼は「Wu-tangのメンバーを一人も言えない?」と聞かれた際「誰だ?”Wu”か?」と答えており、どうやら本当に知らないようだ。しかし、同じ質問をされたCordaeは「俺はODB大好きだったよ」と答えており、また当のAlmighty Jayも「(昔のラッパーだと)Busta Rhymesは好きだよ。マジでヤバいよな」と語っているため、90年代のラッパーを全く聴いていない訳ではないらしい。

これまでもLil Yachtyが「2pacとNotorious B.I.G.の曲は五曲も知らない」や「Notorious B.I.G.は過大評価されている」などの発言をするなど、新世代のラッパーが90年代のラッパーを知らないことが批判の的となることは多々あった。しかし、今の10代から20代の世代にとって過去のラッパーを聴くことは必ずしもマストではなく、あくまで好みの問題という感覚が強くなっているように感じられる。ヒップホップがアメリカで最も聴かれているジャンルとなった現在、聴かれ方や受けとめられ方も必然的にかつてのものとは変化していくのだろうか。しかし、弱冠20歳前後のYBN Gangのメンバーたちがこれからどのような音楽を聴き、どのようなスタイルの変化を見せていくのかは楽しみである。

RELATED

大坂なおみとYBN Cordaeがデートを楽しむ

昨年、テニスの全米オープン優勝を果たし、今年には全豪オープンも優勝、男女を通じてアジア初の世界ランキング1位となった大坂なおみ。KOHHの楽曲で日本語を学んでいるというエピソードや、全米オープンの際にはNicki MinajとEminemを聞いていたとインタビューで明かしていることから、無類のヒップホップ好きとしても知られる彼女。そんな彼女が、同じく同年代で、今後が期待される新鋭ラッパーYBN Cordaeとデートを楽しんでいたようだ。

YBN Almighty Jayを襲撃した犯人が逮捕される

先月には強盗の容疑で指名手配されていながらも、先週ニューヨークで複数人によって襲撃されてしまったYBN Almighty Jay。集団で暴行され金品を奪われてしまったが、今回、彼を襲った犯人が逮捕されたことが明らかになった。

YBN Almighty Jayが強盗の容疑で指名手配される

先日よりYMW Mellyが殺人容疑で起訴されたことやBlocBoy JBが薬物や銃、窃盗品を所持していた容疑で指名手配されたことなどが立て続けに報じられているが、またしても新鋭ラッパーが指名手配されてしまったようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。