Lil Yachtyが再度Notorious B.I.G.を「過大評価」と一刀両断

「2 PacとNotorious B.I.G.の曲を5曲も知らない」と語るなど、19歳らしく歯に衣着せぬ発言で注目を集める若手ラッパー、Lil Yachty。Anderson .Paakなどからヒップホップに対するリスペクトに欠けるとの批判がある一方、ヒップホップの絶え間ない変革を先導する姿勢は、我々が幾度となくお伝えしたとおりだ。

 

そんなYachtyがまたもや批判の槍玉に上がりかねない発言を行った。音楽サイトPitchforkの動画コーナーに登場したYachtyは、Notorious B.I.G.について「過大評価」とコメントしたのだ。

発言がされたのは、あらゆる事柄について意見を聞く『Over/Under』という企画内でのこと。相棒でありプロデューサーのGood Perryと共に出演した企画内にて、大ヒット映画『50 Shades of Grey』や俳優のトム・ハンクスが挙げられるなかで、Notorious B.I.G.もトピックにあがった。

Notorious B.I.G.に対しLil Yachtyは即座に一言「過大評価」とコメント。続けてGood Perryは、「よく知らないけど、映画のサントラで聴いたことはある。まあ俺は温室育ちだし・・・こいつ(Lill Yachty)と同じことは言えないか(笑)」と、多少の気遣いを見せるコメントをしたものの、両者ともにNotorious B.I.G.をよく知らないとの姿勢を見せた・

またもや批判にさらされそうだが、彼らの育った環境も考慮すべきだろう。インタビュー内での彼らの「小さいときからクラブに通って・・・とかもないし、お酒も飲んでない。本当に小さい時、一回だけ一滴飲んだくらいだし」とのコメントにあるように、時代も全く違うNotorious B.I.G.の世界観にに共感しにくい環境もありそうだ。『Over/Under』の動画はこちらから。(伊藤)

related

Notorious B.I.G.が2020年のロックの殿堂にノミネート

ロックンロールに大きな影響や功績を残したアーティストやプロデューサーなどの記録が展示されているアメリカはオハイオ州にあるロックの殿堂。毎年、様々なアーティストが選ばれるが、来年のロックの殿堂にNotorious B.I.G.がノミネートされた。

The Notorious B.I.G.のクラシックアルバム『Ready To Die』の25周年記念ボックスセットが発売

不世出のラッパーThe Notorious B.I.G.が、1994年に発表した生前唯一のアルバム『Ready To Die』の、リリース25周年を記念した限定のボックスセットが登場する。

Lil Yachtyが「DJの技術をマスターしたい」と語る

先日は「Wu-Tang Clanのようなラップグループを結成したい」と発言し、またA$AP Rockyの逮捕をめぐる問題について「下院議員になりたい」と語ったことも話題を呼んだLil Yachtyが、今度はDJの方に興味を示しているようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。