Chief KeefとMike Will Made-Itがケンダル・ジェンナーにラッパーになることを勧める

現在ラッパーになるハードルは下がっており、Bhad BarbieやRich ChiggaなどSNSで話題の人物などがラッパーになり成功を収めるパターンは数多くなっているが、もし大人気モデルのケンダル・ジェンナーがラッパーになったとしたらどうだろうか?

まだジェンナーはラッパーとしてはキャリアは築いていないが、すでに活躍にお墨付きを与えている人物がいる。Chief Keefだ。

KeefはTwitterになんの前触れもなく、「おれはのケンダル・ジェンナーはラップを始めた方がいいと思う」とツイート。SNSで圧倒的な存在感をほこるジェンナーの影響力や、義兄弟にTravis ScottやKanye Westがいる環境もかなり有利に働くかもしれないことをKeefは察しているのかもしれない。

しかしKeefのこのツイートに対しては懐疑的な声が上がっている中で、賛同の声をあげたのが天才プロデューサーのMike Will Made-Itだ。

Mike Willは「兄弟、おれは彼女に3~4年前に言ったことがあるよ」と、すでに本人に直接伝えていることをツイートした。この2人のサポートがあれば、ケンダルの活躍は間違いないだろう。ケンダルは先日公開されたLil Dickyの最新シングル"Freaky Friday"で軽くラップを披露している。Keefはこの楽曲をもしかしたら聴いていたのかもしれない。

RELATED

Mike Will Made-ItとRae SremmurdのSlim Jxmmiが大学進学予定の学生に奨学金を寄付

今年のSummer Sonicで素晴らしいライブを披露したChance The Rapperや、 最近だと、UKのラッパーStormzyがケンブリッジ大学の学生を対象とした奨学金を設立するなど、ラッパーの社会事業は一般的になってきている。

Chief Keefが現在のシーンに与えたインパクトを解説する動画が公開

デビュー以来現在のラップシーンに多大な影響を与え続けているシカゴのラッパーChief Keefを特集したビデオがGeniusにて公開された。

Chief Keefがホログラムでツアーを行う予定

Chief Keefといえば、アメリカ・シカゴを代表するラッパーの1人であり、これまで数々の警察沙汰を起こしてきたことは周知の事実であろう。そして、彼はその自身が起こした数々の警察沙汰のせいで、世界中の色々な街から出禁を食らっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。