日常的にライブに行くと長生きできるという論文が発表

日常的にライブなど音楽イベントに行くことで寿命を延ばすことができるという内容の論文が発表された。

行動科学者でイギリスのゴールドスミス大学の教授であるPatrick Faganがイギリスの企業O2の委託で行なった研究によると、20分の間コンサートに参加することによって幸福の感情が21%も増加するという。それは、自己肯定感の高まりや他者との繋がりを実感することによるものだということである。幸福の感情は、犬の散歩では7%、ヨガでは10%増加するということから、コンサートによって得られる効果の大きさが分かるだろう。

研究によると、2週間に1度の頻度でコンサートに参加することで寿命が9年間延び、精神的な刺激はライブ中に75%も上昇したという。さらにブリティッシュコロンビア州に住む67%の人が、ただ家で音楽を聴くよりもライブに行く方が幸せだと回答。人と体験を共有することが、幸福度にとって重要であることがわかった。

この研究を主導したO2の代表責任者Nina Bibbyは、「好きなバンドやアーティストのライブを見ることがどれほど良いことであるかというのはみんな知っていることでしょうが、今私たちは科学的な確証を得ました。人生には私たちが取り扱うPriority Ticketsが無くてはなりません。O2の顧客は、毎年イギリスの350以上の会場で行われる5000以上のライブにアクセスすることが出来ます」とコメントしている。

上記のコメントから分かる通り、O2はイギリスのライブスペースの運営やチケットの販売を行う企業であり、この研究自体は眉唾なところがあるかもしれないが、リスナーにとってコンサートに行くことで幸福な感情が起こるのは確かなことと言えるかもしれない。長生きをしたいという方は、これまで以上にライブやイベントに足を運んでみてはどうだろうか。

RELATED

イヤホンは聴覚障害を引き起こすのか?

今の時代、街中を歩いていると、耳にイヤホンを付けて歩いている人の方が付けていない人より多いのではないかと思うくらい、イヤホンは現代において普及してきている。特に、若者に関しては1年間でイヤホンを耳にささない日の方が少ない人がたいていであろう。

過去30年間で悲しいムードの曲が増え幸せな曲は減ったことが研究により明らかに

現在では幸せなムードの曲より悲しいムードの曲の方が求められている?過去30年間でより悲しい曲が増え、幸せな曲が減ったという研究が発表された。

子供たちと良好な関係を築くために親はDrakeやCardi Bなどを聴いた方が良いという研究

FNMNL読者の方の中でも、子供たちとどういう形でコミュニケーションをとったらいいかと悩んでいる方もいるはずだが、そんな時はヒット曲に耳を傾けてみてはいかがだろうか? アリゾナ大学の研究者を中心としたグループがある研究を発表した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。