Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている

2016年にもAppleがiTunesストアの音楽ダウンロードサービスを終了させるという報道がでていたが、その時はApple側は即座に報道を否定していた。

しかしBeatsをDr Dreと共に創業したアメリカの音楽業界きっての大物Jimmy Iovineは、BBCに対して「具体的な日時は決まっていないが」と前置きした上で、「正直言って、それは人々が楽曲を購入するのをやめた時だ、とてもシンプルだ」と述べ、iTunesの音楽ダウンロードを終了させる方針であることを認めた。

現在世界的にストリーミングサービスが音楽売り上げの大部分を占めるようになっており、デジタルダウンロードの売り上げの占める割合は下がっていくのは確実な状況だ。

ではIovineが言う「人々が楽曲を購入するのをやめた時」というのは、いつになるのだろうか?昨年デジタルダウンロードの割合は15%だったが、これが10%を切った時だろうか、もしくは1%以下になった時だろうか。

ストリーミングサービスApple Musicは好調が続いており、今年中にも会員数でSpotifyを越すという予測も出ている。過熱するストリーミングサービス間の競争で優位に立つためには、これまでダウンロードしていた顧客をストリーミングサービスに移行させるのが得策なのは間違いない。

この閉鎖の判断はもしかしたら予想以上に早いタイミングでくるのかもしれない。

RELATED

Spotifyがインディーのアーティストが直接楽曲をアップロード出来る機能を追加

今まで、インディーのアーティストが自身の手で楽曲をアップロードするためのプラットフォームはSoundCloudとBandcampが主流だった。しかし今回、世界最大のストリーミングサービスSpotifyが、ディストリビューターなどを通さずに直接楽曲をアップロードできる機能を追加すると発表した。

米国上院議会が音楽プロデューサーにも印税が支払われる法案を可決

9/18に米国の上院議会は、音楽の著作権の改善とストリーミングの収益の分配を見直す法案を、満場一致で可決した。

Def Jamの重役がA&Rの意義について語る

若いミュージシャンがブレイクすることは過去に比べますます簡単になってきている。SNSやSoundCloudのようなサイトなど様々なプラットフォームを利用してインデペンデントな活動を行い、レーベルと契約をしないアーティストも増えてきているなか、レーベルのA&Rがスカウトをするというスタイルは廃れつつあるという意見もある。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

SoundCloud閉鎖を恐れた1人のユーザーが900TBに及ぶSoundCloud上の全データをダウンロード

Soundcloud閉鎖の噂が流れ、その後Chance The Rapperがそれを救ったことで話題となったが、具体的にどのような方法で解決したかは明確にされておらず、いまだに心配しているユーザーも多い。そこで掲示板Redditのユーザーが、一人でSoundcloud上に存在する全ての音楽データーのバックアップを取ったとのこと。