SoundCloud閉鎖を恐れた1人のユーザーが900TBに及ぶSoundCloud上の全データをダウンロード

SoundCloud閉鎖の噂が流れ、その後Chance The Rapperがそれを救うために動いたことも話題となったが、、いまだにその動向を心配しているユーザーも多いだろう。そんな1人のユーザーが、一人でSoundCloud上に存在する全ての音楽データーのバックアップを取ったとRedditに書き込んでいる

「たったの900TBだったよ。80Gb/sの回線を使って週末で全てダウンロードできた」とコメントを残したRedditのユーザー『makemakemakemake』。SoundCloud閉鎖の噂が流れた際に、サイトのデーターのバックアップを残すために動こうとした人達はいたが、彼はたったの一人で全てバックアップをとることに成功した。

最初は誰も彼の言うことを信じなかったらしいが、その後にダウンロードの履歴のログファイルを投稿。このログファイルだけで100GBにもなるとのこと。

データを全てバックアップしたユーザー『makemakemakemake』は、そのデーターを使ってSoundCloudのミラーサイトを作る予定は特にないようだ。「個人的にみんなSoundCloudのデータをバックアップしておくべきだ」と呼びかけている。

閉鎖の危機を免れて、通常通り運営しているSoundCloud。SoundCloud制作のドキュメンタリーシリーズを発表したりなど、問題なくまた軌道にのったようだが、もし万が一また閉鎖の危機になった場合にこのような個人のユーザーのバックアップしたデータが役に立つのかもしれない。

RELATED

Lil Pumpが「俺がいるからSoundCloudが存在している」と主張

先日は自身を「史上最もリリカルなラッパー」であると発言するなど煽りには定評のあるLil Pumpが、またしても突拍子もない主張を行なっている。

SoundCloudがユーザーが自身の楽曲をApple MusicやSpotifyに配信できる新機能を追加

昨年には、DJ用ソフトウェアで楽曲を再生できる機能を発表し、大きな話題となったSoundCloudが更なる新機能を追加することを公式ブログで発表した。その新機能というのが、SoundCloudの有料版であるSoundCloud Pro、SoundCloud Pro Unlimitedのユーザーであれば登録料として、SpotifyやApple Musicなど他のストリーミングサービスに直接自身の楽曲を配信できるというものだ。

OG Macoが自身のSoundCloudのアカウントを2000ドルで売ると宣言

2018年をもって、音楽活動から引退をしたラッパーのOG Macoが自身のSoundCloudアカウントを2000ドル(約22万円)で売ると宣言した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。