Apple Musicの有料会員が脅威の増加率で夏にはSpotifyを越す見込み

Apple Musicの有料会員のユーザー数がSpotifyを上回る勢いで増加し続けている。このままのペースで増え続けると、夏にはユーザー数がSpotifyを超える見込みという最新予測が出ている。

米国ではApple Musicと、Spotifyの有料会員の数の差がどんどん縮まっていると報道された。現在Apple Musicの有料ユーザー数は毎月5%の増加率で伸び続けている。一方、Spotifyは毎月2%の増加率だ。このまま行けば今年の夏にはユーザー数を越す見込みである。

業界関係者によると、無料登録期間中や、割引料金で使用している米国のユーザー数であれば、Apple MusicはすでにSpotifyを越しているとのこと。Spotifyが2011年にリリースされ、その4年後に登場したApple Music。Apple Musicは全てのApple製品に最初からインストールされているのが、この4年間の差を埋めれたひとつの大きな理由だろう。

ストリーミング配信サービス同士の争いが白熱する中、Spotifyは『Stations』という新たなアプリを発表。キューレーションされた音楽をすぐに聞き始めることができるアプリである。ラジオ局のように、ステーションを切り替えるだけで、音楽を聴くことができる。膨大なアーティスト数の中から聞きたい音楽を探しだす必要がないのだ。「世界中の音楽にアクセスできるようになると、聞きたい音楽を探すのも大変。Stationsはすぐに音楽を聞けて、簡単に途切れること無くステーションを切り替えられる。検索も文字入力も必要ない」と説明欄には書かれている。現在試験的にGoogle Storeで公開中

Spotifyはデスクトップ版のアプリでは、ついに楽曲の作曲者やプロデューサーも表示されるようになった。

果たしてApple Musicはこの勢いのままSpotifyを追い越すのか。ストリーミング配信サービス同士の競争は続く。

related

Spotifyが日本のヒップホップにフォーカスした新たなプレイリスト『+81 Connect』を公開 | Awich、BIM、Daichi Yamamoto、KM、Leon Fanourakis、LEXなどをアンバサダーに起用

Spotifyが5年間にわたり日本のヒップホップシーンの今を切り取ってきたプレイリスト『New Era: J-Hip-Hop』をリブランディングした新しいプレイリスト『+81 Connect』を公開した。

Apple MusicがDJミックスに使用されている音源を特定し権利者に適切に支払いを行う新システムを開発

Apple MusicがDJミックスで使用されている楽曲の権利者を特定し、全ての権利者に直接支払いができるようにする新システムを開発した。

Apple Musicの独占企画『Home Session』が遂に日本で始動|第一弾はSIRUP

Apple Musicが昨年開始し世界各国で話題となっている独占企画『Apple Music Home Session』を、ここ日本においても本日より国内アーティストで始動。第一弾としてSIRUPが登場する。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。