LOOPY HOTELが映画や音楽にオマージュを捧げた2018SSの1stコレクション

LOOPY HOTELが2018SSのコレクションから、第1弾となるアイテムを本日オンラインストアでリリースした。

今回のコレクションでもLOOPY HOTELらしく、映画や音楽にオマージュを捧げている。また初となる刺繍のアイテムや発泡プリントも登場しており、表現がより幅広くなった。

これらのアイテムは本日からオンラインストアで発売開始となり、取扱店舗では順次発売される。

http://loopyhotel.thebase.in

RELATED

LOOPY HOTELのデザイナーTeito Nomiyamaによる初の展覧会がNOS EBISUにて開催

国内外の高感度ショップで取り扱われ、若者から圧倒的な支持を得るインディペンデントブランド『LOOPY HOTEL』若きデザイナー Teito Nomiyamaによる初のArt Exhibition がNOS EBISUにて11月6日から12月6日の期間で開催される。

LOOPY HOTELの2018SS Drop2のLOOKBOOKが公開 | Phil CollinsやEgyptian LoverへのオマージュTなども

LOOPY HOTELの2018SS Drop2のLOOKBOOKが公開された。

音楽、アートなどをバックボーンに持つクリエイティブチームVCWの2018 LOOKBOOK

音楽、アート、グラフィティといったカルチャーをバックボーンに持つクリエイティブチームVCWのアパレルラインの最新LOOKが公開された。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。