グラフィティアーティストKYNEによる80年代の国産楽曲プレイリストがAWAで公開

福岡を拠点に活動するグラフィティアーティストのKYNEが、音楽ストリーミングサービスAWAの公式アカウントにプレイリスト『夜のドライブ』を公開した。

KYNEは80年代のアイドルやコミック、レコードジャケットからインスピレーションを受け、シンプルな線画でありながら、モノクロで独特の表情を持った女性の作品が人気を集めている。不定期で個展の開催やアーティストのジャケット、ファッションブランドとのコラボレーションを行い、また福岡の薬院でイラストレーター、NONCHELEEEとのアトリエ兼ショップON AIRをオープンし話題を呼んでいる。

prof
KYNE

KYNEが公開したプレイリスト『夜のドライブ』は80年代の日本産の楽曲を収録、その理由について「姉が友人から借りてきた氣志團のメジャーデビュー前のミニアルバムを聴いたのがきっかけですね。氣志團を知っていくうちに、歌のなかに使われているオマージュやパロディの元ネタに興味を持って探すようになり、80年代の音楽を聴くようになりました。80年代の音楽には自分が生まれた時代の曖昧な記憶を辿るようで懐かしいような新鮮な気持ちになれるので、アイドルの曲やAOR(アルバム・オリエンテッド・ロック)など、よく聴いています」と回答。

kyne_fukuoka_002

音楽と作品の関係性についても「80'sアイドルのレコードジャッケットの構図に影響を受けてます。顔のアップを正方形でトリミングしたり、限られたサイズでインパクトある絵を考える上で参考にしています。また音楽を聴いて浮かぶ情景から、こんな絵を描きたいなと思うこともあります」と話している。

kyne_fukuoka_003

また今回のプレイリスト作成についても「いつもはアルバムで順番通りに聴くのが好きなので、好きな曲を1曲ずつ並べたときに曲の雰囲気がバラバラで難しかったですね。車に乗ってる描写がある曲や運転中に聴きたい曲をイメージして作りました。ジャケットの作品は、僕が音楽を夜に聴くことが多いので、夜の街をイメージして描きました」と話すKYNEは、「AWAは、そのときの気分で思いついた曲を聴くことができて便利でした。曲によっては歌詞を見れるのもいいですよね。音楽ストリーミングサービスって便利だし、気になったアーティストの曲やレコードを買う際の試聴としても使えそうでよね」とストリーミングサービスの利点についても語っている。

kyne_fukuoka_005pdf

KYNEによるプレイリスト『夜のドライブ』は下記のプレイヤー、またはこちらのURLから聴くことができる。

Info

RELATED

イラストレーターのFACEがAWAでプレイリストを公開し自身のルーツを語る

イラストレーターのFACE(フェイス)がAWAでプレイリスト『オールナイトフェイス』を公開した。

VaVaがAWAでプレイリスト『In To The Nevaland』を公開

ラッパーやビートメイカーとしても精力的な活動を続けるVaVaが、AWAでプレイリスト『In To The Nevaland』を公開した。

kZmがAWAでドライブをテーマにしたプレイリスト『Emotion Night drive』を公開

アルバム『DIMENSION』を3月にリリースし、現在はリリースツアーを敢行中、7/20(金)にはツアーファイナルを兼ねたYENTOWN主催イベント『YENJAMIN』も開催されるkZmが、AWAでプレイリスト『Emotion Night drive』を公開した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。