サニーデイ・サービスがニューアルバム『the CITY』をリリース | 髙城晶平やMARIAなども参加

2016年は『DANCE TO YOU』、そして昨年はゲリラリリースで話題を集めた『Popcorn Ballads』と、新たなモードに入ったサニーデイ・サービスがニューアルバム『the CITY』を完成させた。

マッドなソウルナンバー"ラブソング2"で幕を開ける本作は、狂おしいポップソングから、サニーデイ流の青いロックナンバーなど、いびつで美しい全18曲が収録されている。

ceroの髙城晶平、ラッパーのMARIA、中原昌也によるユニットHAIR STYLISTICSなど多方面から豪華なゲストも参加。曽我部恵一曰く本作の当初のテーマは「サニーデイの破壊」だったという。そのテーマを遂行するかのように現在アルバム全曲を様々なクリエイターたちが再構築した『the SEA』と呼ばれるリミックスアルバムも現在制作中だ。

尚、今作はCDでのリリースは予定されておらず、ストリーミング・ダウンロード(3月14日配信開始)と、2枚組アナログ盤(4月25日発売)のみでリリースされる。

Info

ROSE218RGB1600

アーティスト サニーデイ・サービス
タイトル the CITY
リリース形態 ストリーミング・ダウンロード配信/2枚組アナログ盤 ※CDの発売は予定しておりません。
配信開始日 2018年3月14日(水)
アナログ盤発売日 2018年4月25日(水)
品番 配信:ROSE 218 アナログ盤:ROSE 218X
価格 ¥3,900+税(アナログ盤)

<収録曲>
1 ラブソング 2
2 ジーン・セバーグ
3 Tokyo Sick feat. MARIA
4 おばあちゃんのドライフラワー
5 甲州街道の十二月
6 23時59分 feat. MC松島
7 イン・ザ・サン・アゲイン
8 ジュース feat. bonstar
9 音楽
10 さよならプールボーイ feat. MGF
11 ザッピング feat. 髙城晶平(cero)
12 卒業
13 雨はやんだ feat. 尾崎友直
14 すべての若き動物たち HAIR STYLISTICS REMIX
15 完全な夜の作り方
16 熱帯低気圧
17 シックボーイ組曲
18 町は光でいっぱい

<アナログ盤 収録曲>
side A
1 ラブソング 2
2 ジーン・セバーグ
3 Tokyo Sick feat. MARIA
4 おばあちゃんのドライフラワー
5 甲州街道の十二月
side B
1 23時59分 feat. MC松島
2 イン・ザ・サン・アゲイン
3 ジュース feat. bonstar
4 音楽
5 さよならプールボーイ feat. MGF
side C
1 ザッピング feat. 髙城晶平(cero)
2 卒業
3 雨はやんだ feat. 尾崎友直
4 すべての若き動物たち HAIR STYLISTICS REMIX
side D
1 完全な夜の作り方
2 熱帯低気圧
3 シックボーイ組曲
4 町は光でいっぱい

RELATED

サニーデイ・サービスのワンマンライヴの追加公演が決定 | 丸山晴茂を追悼し曽我部恵一と田中貴の2人編成で開催

12/19のリキッドルームでのワンマンライヴが即日完売したサニーデイ・サービス。12/28(金)に渋谷クラブクアトロで、追加公演『サニーデイ・サービスの世界 追加公演"1994”』を開催する。

サニーデイ・サービスが2018年を締めくくるワンマンライブを開催

今年は3月にアルバム『the CITY』をリリースし、その後の東名阪のツアーは大成功させたサニーデイ・サービス。

サニーデイ・サービスの"FUCK YOU音頭"のオフィシャル・ブート12インチがリリースへ | CRZKNYとPART2STYLEのリミックスを収録

サニーデイ・サービスのアルバム『the CITY』のリミックスプロジェクト『the SEA』に収録されていた、曽我部恵一による"FUCK YOU音頭"。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。