UKヒップホップシーンの注目ラッパーLoyle Carnerの初来日公演が決定

NMEアワードの最優秀ブリティッシュ・ソロ・アーティスト賞を受賞したことでも話題のUKヒップホップシーンの注目株Loyle Carnerが、5/17に東京・渋谷WWWで初来日公演を行う。

Loyle Carnerは昨年リリースしたデビューアルバム『Yesterday's Gone』で注目を集めた新星ラッパー。同作はTom MischやKwesをフィーチャーし、ミニマルなビートにゴスペルやジャズなどをサンプリングしたメロウな楽曲は大きな反響を呼んだ。

NasやJoey Bada$$のロンドン公演の前座も務め本国イギリスでは数千人規模のキャパでもチケットが即完してしまうアーティストに飛躍した彼だが、ADHDと難読症を告白しADHDを持つ子供たちをサポートする活動に力を入れるなどポジティブで実直な姿も共感を呼んでいる。

UKヒップホップシーンの注目株の貴重な初来日公演のチケットは来週3月17日(土)より一般発売される。

Info

Print

タイトル:Hostess Club Presents Loyle Carner
日  程:2018年5月17日(木)
会  場:Shibuya WWW
出  演:Loyle Carner
時  間:open18:30 / start19:30
料  金:前売¥4,500(税込/ドリンク代別)
チケット:3月17日(土)〜 ticketboard、WWW店頭にて一般発売(その他プレイガイドでも順次販売開始予定。)
問い合せ:WWW 03-5458-7685
公演詳細:
イーノス http://ynos.tv/hostessclub/schedule/20180517.html
WWW http://www-shibuya.jp/schedule/008855.php

主催:イーノス / WWW
制作・招聘:イーノス

RELATED

【インタビュー】Loyle Carner | 自分の真実に向きあい続ける

昨年リリースしたデビューアルバム『Yesterday's Gone』が、大きな話題となり数々のメディアで年間ベストアルバムに選出されたLoyle Carner。現在のイギリスの新たな音楽の震源地となっているサウス・ロンドン出身の彼は、自らADHDと難読症を告白しADHDを持つ子供たちをサポートする活動に力を入れるなど、音楽同様のポジティブで実直な姿勢も話題となっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。