machinaが新曲を提供した資生堂のコラボレーションムービーが公開

SXSW 2018にも出演が決定した、韓国出身で現在は東京を拠点に活動するアーティストのmachina。

映像クリエイターやモデルとしても活動するmachinaが、新曲を書き下ろし自ら出演した資生堂とのコラボムービーが公開された。

自身で機材を操り、アンビエント~R&Bまでを横断したスタイルで知られるmachina。現在は東京をベースに2枚のEPと1枚のLPをリリースしている。

資生堂のグローバルブランドSHISEIDOのWEBコンテンツとして制作されたこのコラボレーションムービーは、machina自身のリアルなストーリーをドキュメンタリータッチで描いた作品。音楽を通じてどんなことを感じ、自分自身が成長してきたのかを語り、アーティストとして輝く姿を活き活きと描いている。

このコラボレーションの為にmachinaは新たに全ての音楽とモノローグを書き下ろした。

machinaは今年のSXSWに出演が決まっているほか、天王洲キャナルサイドで開催されるアートプロジェクト『TOKYO CANAL LINKS#5』のオープニングイベントにDJ KRUSHと共に出演が決まっている。

Info

RELATED

Yves Tumorの緊急来日公演が12/20にContactで開催決定

電子音楽を軸に彩なジャンルを掛け合わせることからエレクトリックミュージック界の冒険家と称されるYves Tumor。ダークでゴシック、グロテスクさの中に耽美さを調和させる音楽性を軸に、今年Warpからアルバム『Safe in the Hands of Love』をリリースし注目されているYves T...

DJ KRUSHとライティングアーティストのSOLAによる共演イベントが天王洲キャナルサイドで開催

天王洲キャナルサイドで開催されるアートプロジェクト『TOKYO CANAL LINKS#5』のオープニングイベントとして、3/9にDJ KRUSHとライティングアーティストのSOLAによる共演イベントが開催される。

MACHINAが「さなぎ」をテーマにした「at Love」のミュージックビデオ。ニューアルバムもクラウドファンディングで制作

韓国出身で現在は日本を拠点に活動するアーティストMACHINAが"at love"のミュージムをクラウドファンディングで制作することも発表した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。