レコード製造・販売プラットフォームのQratesがフルリニューアル

レコードのプレス製造販売がオンライン上で実現できるプラットフォームQratesが、フルリニューアルを実施。これまで以上にアーティストやレーベルなど製造者がスムースにレコード製造・販売が行えるようにアップデートされた。

2015年にローンチされたQratesは、これまでに世界中のアーティストによる243作品、総計6万2000枚以上のレコード化をサポートしてきた。

2018-03-02 12.27.49

今回のリニューアルでは、新たにプリオーダー機能を実装。最大60日間の期間、プレス枚数の変更が自由に行えるプリオーダーは、ファンやオーダーするレコードストアのオーダーの感触を確認しながら、最適なプレス枚数に期限内であれば変更が可能だ。

またKickstarterやBandcampなどQrates以外のサービスと、同時にファンディングやプリオーダーのキャンペーンを行いやすいように顧客情報の同期が可能になった。他サービスで予約や購入したカスタマーへのレコードの配送もQratesから一括で手配ができる。

2018-03-02 12.34.30

またQrates独自の3Dビジュアライザーも全面リニューアル。前バージョンではできなかった2枚組やゲートフォルドアルバムなども選択可能で、全35色から選べる12万通り以上のカラーパターンも試せるように。

サービス全体のユーザーインターフェイスも全て刷新、さらに洗練されたデザインとプレスオーダーと販売、そして顧客管理をユーザーであるアーティストがワンストップで管理できるようになり、これまでハードルが高いと思われがちだったレコード製造をより身近な存在に近づけるための機能を実装した。

https://qrates.com

Info

URL: www.tdms.jp

RELATED

ストリーミング再生回数を操作して全米チャートの順位を上げる方法が問題視される

先日発表されたアメリカの上半期の音楽市場の売り上げは、75%がストリーミングサービスからのものとなっており、アメリカにおけるストリーミングサービスの一強時代は揺るぎないものとなっている。 それを裏付けるかのように全米ビルボードチャートは、ストリーミングサービスの有料会員の再生数を、自身のチャー...

アメリカの音楽市場の2018年上半期の売り上げが発表 | ストリーミングが売り上げ全体の75%を占める

アメリカ・レコード協会(RIAA)が、2018年上半期の売り上げを発表。前年2017年と比較して全体の売上高は10%伸び46億ドル(5177億円)。

Spotifyがインディーのアーティストが直接楽曲をアップロード出来る機能を追加

今まで、インディーのアーティストが自身の手で楽曲をアップロードするためのプラットフォームはSoundCloudとBandcampが主流だった。しかし今回、世界最大のストリーミングサービスSpotifyが、ディストリビューターなどを通さずに直接楽曲をアップロードできる機能を追加すると発表した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。