コーネリアスの『デザインあ 2』参加アーティストが発表 | KAKATO(環ROY × 鎮座DOPENESS)や青葉市子、原田郁子などが登場

3/21にリリースされるコーネリアスのアルバム『デザインあ 2』の参加アーティストとジャケット写真が発表された。

『デザインあ』はNHK Eテレで2011年より放送されているデザインを題材とした人気番組。コーネリアスは同番組の音楽を担当しており、2013年にそのサウンドトラックCD、『デザインあ』をリリースし、同タイミングで開催された『デザインあ展』と共に大きな話題を集めた。

5年ぶりのリリースとなる『デザインあ 2』は番組で使用された全31曲を収録。前作に続き、今作も豪華&多彩なゲスト・アーティストがボーカルで参加している。

<参加アーティスト>
青葉市子、 アート・リンゼイ、 坂本真綾、 ショコラ、 チボマット、 ハナレグミ、 原田郁子、
jan and naomi、 KAKATO(環ROY × 鎮座DOPENESS)

またジャケットも、前作と色違いの赤で統一された「あ」のポップアップジャケット。好評の丸・三角・四角をモチーフとしたジャケットは今作でも踏襲している。サントラリリースと同じく5年ぶりの『デザインあ展』の開催も決定されている。

Info

富山県美術館 : 期間:2018年3月21日~5月20日
日本科学未来館 : 期間:2018年7月19日~10月18日
http://www.design-ah-exhibition.jp/

デザインあ_2_jacket_PHOTO

デザインあ 2
2018/03/21 発売
\2,000+税
WPCL-12842

1. 朝の5分版テーマ
2. デザインあのテーマ (うた ショコラ)
3. てざわりうた (うた 青葉市子)
4. デザインの見学
5. どうせんうた (うた 小山田圭吾)
6. なーんだ?
7. 考えていない
8. せん (うた 原田郁子)
9. アン ドゥ トロワ
10. うらおもて
11. なーんだ?
12. つなげる (うた ハナレグミ)
13. しまう
14. おれがあいつであいつがおれで
15. たぬき師匠
16. めでたい - だるま (うた KAKATO - 環ROY × 鎮座DOPENESS)
17. つくる
18. ストン
19. ガラガラ (うた Cibo Matto)
20. なんやかんや
21. なーんだ?
22. のこり
23. TIME (うた アート・リンゼイ)
24. 明朝さんとゴシックさん 2
25. しわけ
26. 文字ハンティング (うた jan and naomi)
27. なーんだ?
28. 明朝さんとゴシックさん
29. ともるひかる (うた 坂本真綾)
30. なーんだ?
31. エンディングテーマ

https://wmg.jp/artist/cornelius/WPCL000012842.html

RELATED

【インタビュー】Cornelius 『Ripple Waves』 | 自分の中で常に新しいものを

Corneliusが9月19日にニューアルバム『Ripple Waves』をリリースする。この作品は前作『Mellow Waves』からカットされた7インチシングルのB面曲をはじめ、さまざまな再生媒体で発表された楽曲たちをコンパイルしたもの。今回はこの作品の話題を中心に、彼が現在の音楽シーンをどのように捉えているのか質問してみた。

Corneliusが新作『Ripple Waves』をリリース | 収録曲"Audio Architecture"のスタジオライブバージョンを公開

Corneliusのニューアルバム『Ripple Waves』が、本日リリースとなり収録曲"Audio Architecture"のスタジオライブバージョンのムービーが公開となった。

Corneliusが9月にリリースする新作『Ripple Waves』のジャケットを公開

香港や台湾でのライブも決定するなど精力的に活動するCorneliusが、9月にリリースする新作『Ripple Waves』のジャケット写真を公開した。 ジャケットには前作『Mellow Waves』に続き、銅版画家・中林忠義の作品を用いた。『Ripple Waves』は、昨年発売された...

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。