実際に音楽を奏でるチョコレートでできたアナログ・レコード

フランスの芸術家Julia Drouhinがチョコレートでアナログ・レコードを作った。問題なく再生できて、問題なく食べることもできるそうだ。

食と音楽のコラボ。フランスの芸術家Julia Drouhinはチョコレートでアナログ・レコードを作ることに成功した。実際にレコードプレーヤーで再生できる。

10回再生すると、それ以降はだんだん削れてしまって、正確な音は出せなくなってしまったとのこと。チョコレートなので削れてしまうのはしょうがないが、10回再生したら食べてしまえばよいのだ。

「鑑賞することも、聴くことも、嗅ぐことも、割ることも、シェアすることもできる。そして食べることもできる」とJulia Drouhinはインタビューで語っている。

彼女はタスマニア人の彫刻家と、アイルランド人のチョコレート職人と協力して、レコードを作るのに適したチョコレートを見つけ出したそうだ。「ろうで作ったシリンダーに似ている」とコメントしているように、最初期のシリンダー式のアナログレコードに製造方法は似ている。

作り方は至って簡単。シリコンで好きなレコードの型を取り、そこに溶かしたチョコレートを流し込む。乾かした後に冷やせばレコードの完成だ。

スクリーンショット 2018-02-17 1.35.11

スクリーンショット 2018-02-17 1.35.23

スクリーンショット 2018-02-17 1.35.37

「次第に消えていってしまう音楽媒体が欲しかった。その瞬間、その場、その時間だけのものになる」とJulia Drouhinは、このレコードは数回しか再生できないことに意味があると説明した。「チョコレートを選んだ理由は、チョコレートがとても甘くて大好きだからというのもあるけれど、短命でだんだんと溶けていってしまうからよ」と、このチョコレートアナログレコードを作った理由を語る。

来年のバレンタインには数回しか再生できない溶けてしまうチョコのアナログレコードもいいかもしれない。ただし、高級なレコードプレーヤーで再生はしないほうがいい。

RELATED

VRの仮想現実世界でDJをできるアプリ『Vinyl Reality』が登場

世界で初めて、VRを使用し仮想世界でDJができるアプリが登場した。VRを装着し、コントローラーを用いて、仮想現実の中で実際にDJができるようだ。

Facebook上でレコードをオススメしてくるメッセージに「Yes」と返信するだけで購入できる『The Sound of Vinyl』

Facebookのメッセージ機能で、ユーザーにレコード盤をオススメし、「Yes」と返信するだけでそのレコードが家に届くサービスが始動。

『ストレンジャー・シングス』シーズン2のサウンドトラックがLPレコードとカセットテープでリリース決定

NETFLIXで配信されているアメリカの人気テレビドラマシリーズ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』。10/27からシーズン2の配信が始まるのだが、サウンドトラックのレコード盤とカセットテープが発売されることが決定した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。