Anderson .Paakがギャングスタラッパーになりたかったと明かす

現在ニューアルバムを制作中のAnderson .Paakが、ヒップホップドキュメンタリー『Word Is Bond』の予告編に登場し、自身の音楽の影響源などについて語っている。

.Paakは「おれは高校の中で2人の黒人のうちの1人で、そういう環境には慣れてたよ」と自身の高校生活を振り返り、「ずっと自分の部屋で音楽を作っていた」とも語っている。

教会での演奏を通して成長してきたという.Paakだが、やはり最も大きな影響を受けたのはヒップホップで、最初に自分の音楽を作ろうとしたときは、ラッパーになりたいと考えたとのことだ。「ギャングスタラッパーになりたかった。おれはSnoopとDreに影響されてたんだ。彼らより大きいものなんて他にはなかった」と、その影響力の大きさを語る。

彼はしかし同時に「Radioheadの音楽も大好きだ。悲しい白人の歌も好きなんだ。彼らの曲はおれにとって大きくて、自分のアートに影響を与えているよ。ただヒップホップ的な視点でだ。これはドラマーとしての視点からきてるものだと思うよ」と.Paakは話している。

『Word Is Bond』はヒップホップのリリシズムにフォーカスしたドキュメンタリーで、NasやBig Daddy Kaneなども出演し、アメリカのTV局Showtimeで今週プレミア放送される。

RELATED

Anderson .Paakが「名声を得たことで必要な努力の方向性が変わった」と語る

今月の半ばにリリースしたアルバム『Oxnard』も話題となったAnderson .PaakがBillboardのインタビューに登場。キャリアを積み名声を得たことによって自身に起こった変化について語っている。

Anderson .Paak とKendrick Lamarがコラボレーションシングル"TINTS"をリリース

先日よりアナウンスされていたAnderson .PaakとKendrick Lamarによるコラボ曲"TINTS"が10月4日(木)にリリースされた。

Anderson .PaakとKendrick Lamarのコラボ曲がリリースへ

Dr. Dreがプロデュースし制作されてきたアルバムが完成したと報告を行ったAnderson .Paak。この作品にはまだどんな楽曲が収録されるかはわかっていないが、ビッグコラボチューンも収録されそうだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。