Anderson .Paakが今年ニューアルバムリリースを計画中と明かす

シンガーのAnderson .Paakが2年ぶりとなるニューアルバムを、今年リリース予定であることをオーストラリアのラジオ局Triple Jのインタビューで明かした。

.Paakはインタビューで新作について聞かれると、「間違いなく今年リリースが期待できる」と、時期こそは明かさなかったが今年リリースを計画していると話した。アルバムの制作段階としてはすでにミックス作業に入っているという。

また.Paakだけでなく彼のバンドである The Free Nationalsの新作も進んでおり、こちらの作品には Daniel Caesar、Mac MillerやKali Uchis、さらにはT.Iも参加する可能性があるという。.Paak自身の新作には誰がゲストで参加しているということは明かさなかったが、Dr. Dreが新作でも重要な役割を担っていることは明かした。.Paakは新作について「これまでも俺がやってきたように、名声やお金は求めていない。おれは音楽的に尊敬する人々からのリスペクトがただ欲しかった。これは素晴らしいことだよ」とも語っている。

RELATED

Flying Lotusの最新作『FLAMAGRA』からAnderson .Paakをフィーチャーした"MORE"が先行リリース

豪華ゲストが集結したこれまでのキャリアの集大成的なアルバム『FLAMAGRA』を5/22(水)に日本先行リリースするFlying Lotus。収録曲から、Anderson .Paakをフィーチャーした"MORE"が先行リリースとなった。

Anderson .Paakの母親が『Oxnard』に対するメディアの批判的な声に激怒

4月には待望のニューアルバム『Ventura』のリリースを発表したAnderson .PaakがEsquireのインタビューに登場。自身3枚目となる新作の制作過程などについて語っている。

Anderson .Paakが「名声を得たことで必要な努力の方向性が変わった」と語る

今月の半ばにリリースしたアルバム『Oxnard』も話題となったAnderson .PaakがBillboardのインタビューに登場。キャリアを積み名声を得たことによって自身に起こった変化について語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。