Quavoが宝石職人を襲い、3万ドル相当のネックレスを奪った疑惑で告発される

MUSIC  2018.02.03  FNMNL編集部

先週のグラミー賞授賞式後に、MigosのQuavoが盗難疑惑で告発された。報道によると、授賞式のアフターパーティーで宝石職人と争いになり、彼の宝石をQuavoが奪ったと疑いがかけられているようだ。

先週日曜日に開催されたグラミー賞の授賞式。その後にNYの『1 Oak』でおこなわれたアフターパーティーでQuavoが騒ぎを起こしたそうだ。

宝石職人のEric the Jewelerが警察に報告した内容によると、貸していた金銭関係のことでQuavoと言い争いになり、その後クラブ内で襲われたという。Quavoはもう一人(Migosのメンバーではない誰か)連れていて、二人に襲われて怪我を負ったとEricは主張している。

争いの後に、Ericは身につけていた3万ドル相当の宝石が無くなっていたことに気づき、警察に通報し盗難届を提出。

Ericは音楽業界で有名な宝石職人であり、過去にはSnoop Dogg、50 CentやFrench Montanaなどを始めとする様々な大物アーティストから依頼を受けている。

身につけていた宝石が無くなったと気づいたのは争いの後なので、Quavoが犯人だとは言い切れない。これに対してMigos側のコメントはまだ無い。ニューヨーク警察は現在調査中とのこと。

MUSIC

FASHION

CULTURE