ERROR404からヤンキーカルチャーや製薬会社などにインスパイアされたアイテムが期間限定でリリース

膨大なインターネットアーカイブのようにいつかなくなってしまうノスタルジーと今しか出せないムードを込めたブランドとして2017年に発足したERROR404から、コーチジャケット、ロングスリーブTシャツ、キャップの3型がリリースされた。

Habanero Posseのdj BingoとDJのjuicyjunによるブランドERROR404はファーストアイテムのバッグを数時間で完売させ話題になっていた。

今回販売するのはフロントには架空の製薬会社のロゴ、バックにはERROR404のメインロゴとエラー感溢れるグラフィックを配置したコーチジャケットや、80年代の日本を代表するヤンキーマンガからインスピレーションを得て、当時大流行した某改造学生服ブランドのカタログをサンプリングしたロングスリーブTシャツ。

factry01-16
Medicine Logo Coach Jacket ¥9,800(送料/消費税込み)

factry01-10

factry01-15

factry01-31

factry01-37

factry01-30

さらにコーチジャケットと同じく製薬会社の作業帽をイメージしたキャップ。フロントには架空の製薬会社のロゴが刺繍されている。

factry01-3
Medicine Logo Cap ¥5,500(送料/消費税込み)

factry01-6

これらのアイテムは2/26までの期間限定でクラウドファンディング型ECショッププラットフォーム『FACTRY』にて販売中だ。

Info

FACTRY/ http://factry.jp/

 

RELATED

dj BingoとJuicyJunによるERROR404が大阪で初めてのPOP UPを開催中

本日8/4(土)から大阪のセレクトショップACHROMAで、dj BingoとJuicyJunによるブランドERROR404がPOP UPを開催中だ。

ERROR404 SS18コレクションが発表 | レイヴカルチャーや90sスケートカルチャーに影響を受けたアイテムを展開

2017年末に発足したストリートブランドERROR404が、新作コレクションを発表した。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。