河野未彩による初個展『not colored yet』が開催 | 潜在的イメージから、色彩的快楽へ

河野未彩は音楽や美術に漂う宇宙的な感覚に影響を受け、アートディレクター/グラフィックデザイナー/映像監督と自在に境界をまたぎつつ活動を行ってきた。

数々のCDジャケットやMVなどを手がけてきた河野が初個展『not colored yet』を東京・西麻布のCALM&PUNK Galleryで開催する。

どのような作品でも一貫して自身のスタイルを崩さずに制作を行ってきた河野の初個展では、平面作品を軸に、プロダクト作品なども展示する。

新作を通して改めて示される作家のコア部分が体感できる展覧会となる。

AとBがいて、そこにCがくる。
AとBの距離が近づいたり離れたり、意外にもAとC、BとCの距離が近づいたり。
「その三角関係の緊張感が、ラブコメの基本構造です」
漫画家・楳図かずおにそう伝えた担当編集者の元には、少年と、少女と、機械(!)による三角関係『わたしは真悟』という、ラブコメを超越した愛の物語が届いた。
この(!)こそが創造だ。

「作家とデザイナー、つくるという本質は変わらない」
アート、商業デザイン、こちらが引いたそんな境界線を河野未彩は跨ぐ。
掘って(瞑想)、掘って(洞窟)、掘った(ヒプノセラピー)先に出てくる潜在的な作家としての自分Aと、
時代の潮流の中でその商品の位置を可視化していくデザイナーとしての自分B。
AとBを俯瞰し、Cを招いて、イコライズして、アウトプットする
河野作品には、我々から透かし見える過程からは産まれない、C(!)の部分がある。

ではCとは何か?
たとえば彼女ならそれを「宇宙」と言うかもしれない。
自分と、自分と、宇宙との三角関係!
そんな先の読めない物語を追わずにいられようか。
『not colored yet』(=未彩)は、そんな河野作品を表現するとても的確な言葉だ。
きっとそこには、立ち会った人にとって新しい(!)がある(!)

待永倫(編集者)

Info

midorikawano_insta

河野未彩 『not colored yet』

会期 – 2018.1.26 (Fri) Opening Reception 19:00 -22:00
2018.1.26 (Fri) – 2.11 (Sun)

【会期延長】
日時:2/13(火)〜16(金) 14:00〜21:00 月曜日休廊
※2/11(日)までは、12:00〜19:00まで開催しております。

時間 – 12:00 -19:00

休廊 – Closed on Mondays

場所 – CALM&PUNK Gallery
〒106-0031東京都港区西麻布1-15-15 浅井ビル1F
http://calmandpunk.com/

協賛 – 株式会社セントラルプロフィックス

【トークイベント】
河野未彩と、「MASSAGE」編集長・庄野祐輔氏とのトークイベント。
本展作品のバックグラウンドなどについてお話しする予定です。

日時:2/10(土)16:00-17:00
会場:CALM&PUNK Gallery
無料
※15:30頃より会場座席設営など行います。
※17:30頃以降より通常の展覧会開催になります。

RELATED

渋谷の街頭ビジョンを用いた『NEO SHIBUYA TV』にアート作品を紹介する番組が登場

渋谷の9機の街頭ビジョンを用いて、広告だけではない映像作品を輩出し、新たな街頭ビジョンの可能性を、創造の分野で追求するプロジェクト『NEO SHIBUYA TV』。

多和田有希の個展『悪魔祓い、系統樹、神経の森』がG/P galleryで開催

人間の精神的治癒のシステムをテーマに制作を行っているアーティストの多和田有希による個展『悪魔祓い、系統樹、神経の森』が、8/25(土)から東京・恵比寿G/P galleryで開催される。

2nd Functionが河野未彩をアートディレクターに迎え体験型アート展『DOLLHOUSE』を開催中

クリエイティヴ・ユニットの2nd Functionによる、体験型アート展『DOLLHOUSE』が、東京・表参道 B SPACEで8/27(月)まで開催中だ。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。