人はなぜ浮気をするのか? | 新たな研究結果が発表される

アメリカの性科学専門誌・The Journal of Sex Researchが、「なぜ人は浮気をしてしまうのか」というテーマについて新たな研究結果を発表した。

研究者たちは、495名の平均年齢20歳の男女に「浮気をしてしまう原因」として77個の項目についてアンケートをし、それらを8つのカテゴリーに分類した。「yes」の割合を集計したものが以下である。

1.  77% 愛の不足のため

2. 74% 性のバラエティを求めるため

3. 70% パートナーに構ってもらえないため

4. 70% 状況的な要因(お酒に酔っていた等)

5. 57% 自尊心を高めるため

6. 43% パートナーへの八つ当たりとして

7. 41%  パートナーの献身をほとんど感じないため

8. 32% 身体的な欲求のため

上の結果自体はそれほど驚くべきものではない。しかし、この研究による新たな発見もあったという。

リストにある「泥酔していた(4)」や「仕返しのため(6)」といったものは、古くからある典型的な理由であるが、これらとは異なる"浮気の要因"があると研究者たちは指摘している。

アンケートの結果によれば、例えば「献身を感じない(7)」とした回答者の多くは「性のバラエティのため(2)」という理由や、さらには「愛の不足(1)」や「構ってもらえない(3)」といったことによっても浮気をしている傾向があるという。すなわち、浮気をする人は様々な理由によって浮気をしており、彼らは「浮気をしやすい性格の特徴」を有しているというのだ。この研究によれば、浮気とは「パートナーとの関係性」よりも「個人の性格」によって左右されるものだということになる。

研究者たちは『これらの発見は、浮気の背後には多方面にわたる動機があるということを明らかにしている。同時にこれは、「パートナー同士の関係性」によって浮気の原因を説明する研究モデルを次のステップに進めるものだ。また、恋愛やセックス自体に関する研究や心理療法などにもこの発見は新たなヒントを与える。』と述べている。

浮気とは「パートナーとの関係性」よりもむしろ「個人の性格」に依拠するとするものだと主張するこの研究結果によれば、もしあなたがパートナーに浮気をされてしまったとしても、自分自身を責める必要はないということになる。

(辻本秀太郎)

RELATED

山谷佑介によるドラムセットを使用したパフォーマンスによるセルフポートレート作品『Doors』をYouTube Liveで配信

写真家の山谷佑介によるドラムセットを使ったパフォーマンスによるセルフポートレート作品 『Doors』が、代官山 フォトフェアの会場内で再演される。『Doors』は過去作により自らの“撮る”という行為を強く意識した山谷による、自らを被写体とした最初のセルフポートレート作品。

Rihannaが故郷バルバドスの公式アンバサダーに就任

今月20日、カリブ海バルバドス島の政府の発表によると、Rihannaを国の公式アンバサダーに任命したとのこと。教育、観光、投資をプロモーションする特命全権大使になるそうだ。

Lil Xanがスナック菓子『激辛Cheetos』の食べすぎで入院

Lil Xanが救急車で運ばれて入院。ドラッグによる入院かと心配されたが、原因はスナック菓子の『Flamin’ Hot Cheetos』の食べ過ぎだたそうだ。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。