Lil Uzi Vertが偽の友達と手を切るようにアドバイス

Lil Uzi Vertが昨年リリースした大ヒットチューン"XO Tour Llif3"のフックは、このように歌われている。"All my friends are dead"と歌われる。友人がいない世界に住んでいるUziの孤独な生き様が浮かび上がってくるような箇所だが、Uziは一方で常に新しい友人はいらないとも発言している。

成功したUziに集まってくる人々の中から、本物の友達になれそうな人物をピックするのは至難の技だからだ。

そんなUziがTwitterで偽の友人と手を切るようにアドバイスを行った。

UziはTwitterで「おれは悲しくなった時、何かがくる事だけを知っている。それはおれは悲しいということだ」とツイートし、さらに「みんなフェイク野郎だ、くそったれ」と自身が偽の友達に囲まれていることを強調。

そしてフォロワーたちにあるアドバイスを行った。「君の人生に一緒に泣いてくれたり、一緒に凍えたり、一緒に苦しんだりしてくれない人が入ってきたら、そいつらとは縁を切れ」とUziは語っている。

自身を孤独な状態に置き、黙々と制作を行っているUziは、現在ロックアルバムに取り掛かっているはずだ。

RELATED

Lil Uzi Vertが日本のアニメのサントラをサンプリングし、歌詞にも引用した新曲“New Patek”をリリース

ニュープロジェクト『Eternal Atake』の発表が待たれるLil Uzi Vertが新曲“New Patek”をリリースした。

故XXXTentacionの母親がLil Uzi Vertの誕生日にアート作品をプレゼント

今年の6月に惜しくも亡くなってしまったXXXTentacion。その母親であるCleopatra Bernardが、Lil Uzi Vertにアート作品をプレゼントしていたことが明らかになった。

Lil Uzi Vertがステージに投げ込まれた聖書を読みながらパフォーマンスする

Lil Uzi Vertといえばファンに対し、ライブ中に地獄に落ちるぞと言ったり、カルト宗教Heaven's Gateのモチーフをアートワークに用いるなど、破滅的なパーソナリティーを最近は打ち出している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。