荒木経惟の映像作品『アラキネマ』より『青ノ時代』と『去年ノ夏』が写真集化

写真家・荒木経惟の映像作品『アラキネマ』より『青ノ時代』と『去年ノ夏』が写真集として刊行されることになった。

写真家としては世界的な名声を誇る荒木が80年代中期から約20年間、実験的な映像作品『アラキネマ』を制作し、ライブ上映してきたことはあまり知られていない。

arakinema-book01

arakinema-book02

arakinema-book03

本写真集では、ライブの臨場感や雰囲気をできるだけ忠実に再現するために、両作品が上映された際のオリジナルスライドに基づいて編集、制作。『青ノ時代』『去年ノ夏』はともに2005年に発表された作品で、前者は1980~90年代に雑誌『写真時代』に掲載された作品でまとめられている一方、後者は2005年前後に撮り下ろされた作品が使用されている。

arakinema-book04

arakinema-book05

arakinema-book06

ヌードとポートレートを軸にしながら、街路の風景や花の写真なども併せて構成された両作品は、オリジナルの写真に手を加えることで力強い効果を生み出している点で共通している。『青ノ時代』では薬品で脱色することで引き出された色褪せたブルーが、メランコリックな儚さを、また『去年ノ夏』は明るく透明感のある色を写真の上に塗っていくことで、まるで万華鏡が映し出す幻想的な世界が引き出されている。

arakinema-book07

arakinema-book08

arakinema-book09

arakinema-book10

arakinema-book11

Info

ARAKINEMA-slipcaseJP02

タイトル:BLUE PERIOD / LAST SUMMER : ARAKINEMA 青ノ時代/去年ノ夏:アラキネマ

作家:荒木経惟

出版社:SESSION PRESS、 DASHWOOD BOOKS

仕様:スリップケース(2種類:JAPAN EDITION / US EDITION)入りソフトカバー /

216ページ / 260 x 178.3 mm / カラー / 日本語、英語 / 2017年刊

発行部数: 1,750部

販売価格:12,000 円(税別)

12月中旬発売予定

JAPAN EDITION 詳細:

BLUE PERIOD / LAST SUMMER : ARAKINEMA 青ノ時代/去年ノ夏:アラキネマ by Nobuyoshi Araki [JAPAN EDITION]

US EDITION 詳細:

BLUE PERIOD / LAST SUMMER : ARAKINEMA / 青ノ時代/去年ノ夏:アラキネマ by Nobuyoshi Araki [US EDITION]

※内容やサイズ、価格など、スリップケースの絵柄以外はどちらも同じ仕様となります。

 

RELATED

ヨーロッパのアンダーグラウンド・レイヴシーンを撮影したMolly Macindoeの写真集販売を記念したサイン会を開催

東京・原宿のブックストアBOOKMARCで、ヨーロッパのアンダーグラウンド・レイヴシーンを撮影してきた写真家のMolly Macindoeが、10/15(木)に来日し写真集販売を記念したサイン会を行う。

出版社LIBRARYMANの10周年を記念したPOP UPが開催中 | フランチェスカ・アレンとAya Gloomyをゲストに迎えたイベントも

ベルギー・アントワープとスウェーデン・ストックホルムを拠点とする出版社LIBRARYMANが10周年を迎えた。2008年に創設されて以来、ヴィヴィアン・サッセン、オラ・リンダル、ゲリー・ヨハンソン、日本人ではホンマタカシ、永瀬沙世、横浪修などとコラボを行い、多くの作品集を生み出してきた。

草野庸子が写真集『Across the Sea』のリリースを記念したPOP UPを開催中

9月に写真専門の出版レーベル roshin booksから新作写真集『Across the Sea』をリリースした草野庸子が、リリースを記念したPOP UPをSHIBUYA TSUTAYA 6階で開催中だ。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。