急逝したLil Peepの正式な死因がフェンタニルとアルプラゾラムによるオーバードーズと発表される

先月21歳の若さで急逝したラッパーのLil Peepの検視結果をTMZが入手、公表している。

TMZによればPeepの死因は疑われていた通りフェンタニルとアルプラゾラムが複合的に作用したことによるオーバードーズだ。この両者が融合すると一般的に致死率はあがると言われている。アルプラゾラムはPeepが常用していたとみられている抗不安薬ザナックスの一般的な名称だ。

さらにPeepの体内からはマリファナ、コカイン、鎮痛剤のトラマドールなどが検出。彼の尿からもヒドロコドンやヒドロモルフォン、オキシコドンなど強力なドラッグが検出されている。また体内からはアルコールは一切検出されなかった。

RELATED

Lil Peepのドキュメンタリーの監督が「彼を俳優にしたいと思っていた」と語る

エモラップの第一人者として人気を集めながらも2017年に急逝したLil Peep。そんな彼のドキュメンタリー映画『Everybody’s Everything』が、テキサス州オースティンにて開催されたSXSWにて初公開された。ドキュメンタリーは名匠テレンス・マリックがプロデュースを手がけることでも注目されたが、同作の監督の一人であるSebastian Jonesが「彼を映画にキャスティングしたいと思っていた」と発言したことが話題となっている。

故Lil Peepによるニューアルバム『Come Over When You're Sober, Pt. 2』が本日リリース

1年前に21歳の若さでオーバードースによって亡くなったLil Peepの未発表音源を盟友であるプロデューサーのSmokeasacがまとめあげた作品となっていて、音源は前作リリース後にレコーディングされたものだという。

テレンス・マリックがプロデュースするLil Peepのドキュメンタリーが制作中ということが明らかに

昨年11月に急逝したラッパーのLil Peep。死後にリリースされるアルバム『Come Over When You’re Sober, Pt.2』の制作についてフィーチャーした記事がNY Timesに掲載されている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。