Miguelが"Pineapple Skies"のクレジットにMarvin Gayeの名前を加えた理由を語る

R&BシンガーのMiguelが曲”Pineapple Skies”でサンプリングをしていないにも関わらず、クレジットにMarvin Gayeの名前を加えた理由をMTVのインタビューで語った。

Miguelの最新アルバム『War & Leisure』の2曲目”Pineapple Skies”のメロディが、Marvin Gayeの”Sexual Healing”のメロディと似ている。直接”Sexual Healing”の楽曲からサンプリングしたわけではないにも関わらず、Miguelは” Pineapple Skies”のクレジットにMarvin Gayeと共同作曲者であるOdell Brownの名前を追加した。

インタビューでその二曲が類似していると指摘されると、Miguelは”Pineapple Skies”はMarvin Gayeの影響を受けていると説明した。

「影響を受けることは、音楽と自分のDNAに刻み込むことのすばらしさのひとつである。『この曲は”Sexual Healing”の影響をおもいっきり受けてるよ。わかるだろ?』と伝えることが正しいと思った。俺らの引き出しになっている。リスペクトだよ」とMiguelは今回”Pineapple Skies”でサンプリングしていないMarvin Gayeの名前をクレジットした理由を語った。

法的に今回のMiguelの判断は正しいと言える。Robin ThickeとPharrell Williamsは2015年に、楽曲”Blurred Lines”がMarvin Gayeの”Got To Give It Up”に類似していると著作権侵害で訴訟され何百万ドルと支払っている。同じように、Ed Sheeranも2014年に、グラミー賞を受賞した”Thinking Out Loud”がMarvin Gayeの”Let's Get It On”のコピーであると訴訟されている。これらの事例を考慮すると、Miguelが自ら、Marvin Gayeのメロディと類似していることを認め、事前にクレジットに彼の名前を加えとくのは懸命な判断なのかもしれない。

"Sexual Healing"はMarvin Gayeが1982年にリリースした『Midnight Love』に収録されている。このアルバムはビルボードHOT100で3位を記録し、彼はグラミー賞、『男性R&Bボーカルパフォーマンス最優秀賞』と『男性R&B楽器パフォーマンス最優秀賞』を受賞した。Bone Thugs-N-Harmonyの“1st Of That Month”を始めとする様々な楽曲でサンプリングされている。

RELATED

Marvin Gayeのアルバム『What's Going On』を題材にしたドキュメンタリー企画がスタート

1971年に発表されたMarvin GayeのLP『What’s Going On』を題材にしたドキュメンタリーが家族たちの承認を得て、公開へ向けて動き出したと様々なニュースソースによって報道された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。