【フォトレポート】grooveman Spot、VaVa、VIDEOTAPEMUSICが競演したGRAND KIRINとのコラボイベント『3Labels on tap』

クラフトビールブランド「GRAND KIRIN」の新テイストWHITE ALEの発売を記念し、Jazzy Sport、カクバリズム、SUMMITの3レーベルのアーティストが参加したコラボキャンペーン『3Labels on tap』。

grooveman Spot、VaVa、VIDEOTAPEMUSICによるスペシャル楽曲が7インチレコードになったり、イラストレーターのToyamegがデザインしたオリジナルトートバッグやレーベルロゴが入ったグラスを制作したりと様々な企画を展開してきましたが、11/9に東京・表参道のWall & Wallを舞台に前述の3アーティストが出演した、完全招待制のスペシャルイベントが開催された。

このイベントは、grooveman Spot、VaVa、VIDEOTAPEMUSICのパフォーマンスの他に、GRAND KIRINのワークショップも開催され、GRAND KIRINの3テイストも来場者に提供され、なおかつ7インチレコードやオリジナルトートバッグ、グラスがギフトとして来場者全員にプレゼントされるというもの。来場者はビールに舌鼓を打ちながら、アーティストのパフォーマンスを楽しんだ。

_DSC7277

_DSC7570

_DSC7579

当日はオープンと同時に多くの来場者で会場は、平日とは思えない熱気に。その熱気とともにまずは初のソロアルバム『low mind boi』をリリースしたばかりのVaVaが登場。所属するCreativeDrugStoreのJUBEEを伴いライブを行ったVaVaは、アルバム収録曲や初披露となる新曲などの力強いパフォーマンスで会場を沸かせる。

_DSC7311

_DSC7294

_DSC7274

_DSC7411

続いてはカクバリズムから10月にニューアルバム『ON THE AIR』をリリースしたばかりのVIDEOTAPEMUSICがソロライブセットで登場。ビジュアルが一体となった、たゆたうようなグルーヴのセットにフロアの雰囲気も一気にムーディーに。7インチに収録されている楽曲もプレイし、爽やかにライブを締めくくった。

_DSC7437

_DSC7497

_DSC7530

_DSC7580

_DSC7596

_DSC7616

_DSC7625

_DSC7627

_DSC7628

最後にJazzy Sport代表としてgrooveman SpotがDJセットを披露。十八番のアーバングルーヴを中心としたセットで、メロウな雰囲気に会場を包み込む。今回の企画のために制作されたシンガーのMahyaをフィーチャーし、KASHIFによるギターもアクセントとなったアーバンなR&Bチューン"all the time feat. Mahya"もハイライトにプレイされ、ラストまで続いた心地いい雰囲気に来場者が名残惜しそうな場面も見受けられた。

_DSC7656

_DSC7705

_DSC7712

_DSC7655

終演後には来場者に7インチやグラスなどのセットがトートバッグと共に手渡され、和やかな雰囲気でイベントは無事終了した。

_DSC7662

_DSC7716

_DSC7747

_DSC7665

Recap

『3Labels on tap』

日時 11/9 19:00~

場所 表参道 Wall & Wall

Act

grooveman Spot

VaVa

VIDEOTAPEMUSIC

 

RELATED

VaVaが新曲"Make It"のミュージックビデオを公開

今年は精力的に新曲をリリースし、8月にEP『Virtual』をリリースしたVaVa。まだまだその勢いは止まらないようで、新曲"Make It"のミュージックビデオを公開した。

B.I.G. JOEが現在制作中の6thアルバムから7インチを先行リリース | Kojoeやgrooveman Spot、Aaron Choulaiが参加

旭川に拠点を移し、自身のクラブClub Brooklynを運営しているラッパーのB.I.G. JOEが、現在制作中の6枚目のアルバムから、先行シングルとして7インチ『 Evergreen / Today It's Alright 』をリリースすると発表した。

【ライヴレポート】『分離派の夏』の終わり | 小袋成彬がライヴで表現した言葉にならない感覚

小袋成彬はさまざまなインタビューで、デビューアルバム『分離派の夏』は個人的な作品であると話していた。だが同時に「主観と客観のせめぎ合いを音楽の秩序に放り込んだんですね。語っているのは自分なのか、子供の自分なのか曖昧なまま突き進んでいって、曲が出来た瞬間に完全に自分から離れるんですよね。僕のものではなくなるというのは実感していて。僕は作者と作品は全く別物だと思っていて」(FNMNL)とも語っている。小袋はライヴでどんなパフォーマンスするのか、そんな思いで会場に向かった。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。