KILLER BONG、DJ KENSEI、秋本“HEAVY”武士などが一堂に会するダブの祭典が中野heavysick zeroで開催

今年創設されたレーベルnewdubhallのローンチパーティーを兼ねたダブの祭典ともいうべきイベントが12/23に東京・中野heavysick zeroで開催される。

このイベントでいうダブとはレゲエのサブジャンルとしてのそれではなく、ひとつの革新的な表現方法としてのダブを指す。 それゆえに出演者は狭義のレゲエ界隈には留まらない。

ライヴアクトはnewdubhallに所属するエクスペリメンタル・ダブ・ユニット、UNDEFINED。そして、Black Smoker Recordsの鬼才、KILLER BONG。

DJではDJ KENSEIがIndopepsychics/ダブSetで登場、さらにはUNDEFINEDとも縁の深い秋本“HEAVY”武士がDJとして出演する。また、世界と日本のレゲエ/ダンスホールの架け橋となるRIDDIM CHANGO RECORDS(1TA & HIROSHI)も駆けつけるほか、The Heavymannersの小林"CHE QUE"宏信がPAを担当する。

首謀者であるsaharaはこう言う――「基本的にnewdubhallと縁のあるみなさんに声をかけました。全員が主役のイメージ。新しいシーンを生み出すイヴェントにできればと思ってます」。深い残響音が師走の東京に響き渡る。12月23日は中野heavysick ZEROへ。大石始(ライター)

Info

img01

2017/12/23 「newdubhall -label launch party -」
sat.18:00-23:45 at 中野heavysick zero
-Live
KILLER BONG (Black Smoker | Think Tank)
UNDEFINED(newdubhall)

-B1 floor djs
DJ KENSEI [Indopepsychics & Dub Set]
秋本 HEAVY 武士(Dry & Heavy | Rebel Familia | The Heavymanners)
RIDDIM CHANGO RECORDS (1TA & HIROSHI)

-B2 floor djs
AZZURRO(dublab.jp)
E-MURA((Bim One Production)
JAGABE(Reggaelation IndependAnce)
TAICHI(STIM | 田我流とカイザーソゼ)
YO-JI (Up Down Records | Militant Ites Sound System)

-All around PA
CHE QUE(The Heavymanners)

イベント特設サイト:http://www.newdubhall.com/event/1712/

RELATED

BLACK SMOKERからリリースされるAKIRAM ENのミックスCDのリリースパーティーが開催 | KILLER-BONGや小林 径、Hair Stylisticsなども出演

BLACK SMOKERからリリースされるAKIRAM ENによる、ミックスCD『Mekano 1974-92』のリリースパーティーが、8/18(土)に東京・幡ヶ谷のforestlimitと神宮前のBonoboの2カ所で開催される。

DJ KENSEIのビートアルバム『IS PAAR』からstillichimiyaをフィーチャーした"Khaen Whistle Reprise"が7インチ化

多岐にわたる活動を行ってきたDJ KENSEIが、タイやラオスで出会った伝統楽器にインスパイアを受けヒップホップ的手法で制作した2016年リリースのビートアルバム『IS PAAR』。

BLACK SMOKER RECORDSが5年ぶりにジャンルレスな総合舞台芸術『BLACK OPERA』の新作を発表 | KILLER-BONG、OMSB、 鎮座ドープネスなども出演

BLACK SMOKER RECORDSがさまざまなシーンを代表するアーティストに呼びかけ、音楽/映像/パフォーマンスなどが盛り込まれたミクスト・メディア・シアター『BLACK OPERA』が5年ぶりに新作を発表。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。