Rihannaがトランスジェンダーの人たちを「便利なマーケティングの道具」として利用する企業を批判

Rihannaが、トランスジェンダーの人たちを「便利なマーケティングの道具」として利用する企業を批判した。

先日、Rihannaは自らがプロデュースを務めるコスメティックブランド「Fenry Beauty」のプロモーションに関し、ファンの一人からTwitterで「トランスジェンダーの人をキャンペーンに使用したらどう?」という提案を受けたが、これに対して彼女は自らのマーケティングに関する考えを綴った。

 

 

「私はここ数年、多くの才能溢れるトランスジェンダーの女性たちと共に仕事をしてきたけど、トランスジェンダーだからといって女性をキャスティングすることはないわ。同様に、トランスジェンダーじゃない女性をキャスティングしないってこともないし。」

「私は全ての女性をリスペクトしている。そして、彼女たちがトランスジェンダーなのかそうでないのかは、私の知るところじゃないわ。それは個人的なことだし、そういうことをオープンにすることが自分にとって快適だと感じる人もいるし、そうでない人もいるの。私は一人の女性として、それを尊重しなくてはいけないわ。」

さらに、Rhiannaはトランスジェンダーの人たちを自分たちの利益のために「便利なマーケティングの道具」として利用する企業について批判をしている。

「トランスジェンダーの女性や男性が企業のマーケティングの道具として利用されるのはフェアじゃないと私は思う。あと、トランスジェンダーと同じように、黒人女性のキャスティングについてもそうだわ!そういう企業のキャンペーンの中では大抵"私たちには多様性があります!"の証拠のために女の子/男の子が使われているの。それは悲しいことだわ!」とRihannaはマイノリティーを都合よく利用する企業の姿勢などを批判した。

RELATED

Rihannaがトランプ大統領が自身の楽曲を無断で使用したことに対してキレる

先日、Pharrellがトランプ大統領に対し、自身の楽曲“Happy”を演説の際に使用しないよう求めたというニュースがあったが、またしても同じようなことが起きた。

Cardi Bが新曲“Money”のアートワークで着けている金のグローブをRihannaが「今まで見た中で一番ゲットーなブツ」と表現

昨日リリースされたCardi Bのシングル“Money”。同曲は先日オフィシャルリリースの前にリークされてしまい、絶賛ビーフ中のNicki Minajのファンによってリークが行われたという説もあるため今後彼女たちのビーフは増々殺伐としていきそうだ。しかし、そういった話題以上に“Money”のアートワークでのCardi Bのファッションが注目を集めている。

Rihannaがコリン・キャパニック選手をサポートするため2019年スーパーボウルハーフタイムショーのオファーを拒否

アメリカ最大のイベントであるスーパーボウル。その目玉となるハーフタイムショーには音楽ファンならずとも毎年大きな注目が集まっているが、来年開催される第53回スーパーボウルのハーフタイムショーのオファーをRihannaが断っていたことが明らかになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。