2017年にアメリカで最も売れているレコードは50年前のアルバムだった

先日、Nielsen Musicが第3四半期まで(2017年9月28日までの9ヶ月間)のアメリカにおける音楽産業の動向を発表した。

報告によると、一週間あたりのオンデマンドの音楽ストリーミング再生数は83億回を超え、第3四半期までに計2870億回がストリーミング再生された。これは昨年の同時期と比べ59.4%の増加である。また、ビデオのストリーミングと合わせると再生回数は4420億回を超え、これは昨年より40.4%の増加だ。

これに対し、2017年の第3四半期まででCDのアルバムセールスは5776万枚で19.9%の減少。昨年の同時期は7210万枚であった。デジタル販売の売り上げも、アルバム枚数あたりの計算で23.1%減少し4億3750万枚となった。

ストリーミングのみならず、今年もアナログレコードは売り上げを伸ばしている。Nielsen Musicによれば、2017年はアナログレコードの売り上げ枚数は3.1%上昇し、935万枚に達した。昨年の同時期には907万枚の売り上げであった。アメリカにおける全フィジカル作品のセールスのうち約14%をアナログレコードが占めているということになる。

そして、驚くべきことに2017年最も売れているアナログレコードのアルバムはThe Beatlesの『Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band』であるという。1967年にリリースされた本作は、今年50周年の記念盤がリリースされている。同アルバムは、2017年だけでこれまでに40000枚以上も売り上げられている。

Via:Billboard

(辻本秀太郎)

 

 

RELATED

実際に音楽を奏でるチョコレートでできたアナログ・レコード

フランスの芸術家Julia Drouhinがチョコレートでアナログ・レコードを作った。問題なく再生できて、問題なく食べることもできるそうだ。

VRの仮想現実世界でDJをできるアプリ『Vinyl Reality』が登場

世界で初めて、VRを使用し仮想世界でDJができるアプリが登場した。VRを装着し、コントローラーを用いて、仮想現実の中で実際にDJができるようだ。

Facebook上でレコードをオススメしてくるメッセージに「Yes」と返信するだけで購入できる『The Sound of Vinyl』

Facebookのメッセージ機能で、ユーザーにレコード盤をオススメし、「Yes」と返信するだけでそのレコードが家に届くサービスが始動。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。