【特集】渋谷WWWの新シリーズ『Emotions』出演DJが選ぶ、「今聴きたいエモーショナルなトラック」ベスト3

フライデーナイトを楽しむ新シリーズ”Emotions”が渋谷WWWにていよいよ今週金曜日に開催。W、X、βの3か所でフル稼動するアニバーサリーに出演するDJ陣から、自身が主催するパーティー/イベントにも紐づく”今”エモーショナルなトラック・ベスト3が届いた。

アジアでの活躍も目まぐるしく、ヒップホップのシーンに進出するも、もはやそのジャンルの概念を感じさせないニュータイプYonYon、ハウスを斜めからも掘り下げるAspara、メランコリアとアシッド・バイブス全開のspeedy lee genesisことS-LEE。

さらにグラフィックやストリート・ファッション”RAW”なる新世代のハウスを起点に人気上昇中の最若手KOTSU、ボウリングを通してテクノを空間や体感としてよりフィジカルにエンタテイメントするBowler Room主催のDaigo Sakuragi (D.A.N.)、そしてポスト・トライバルなベースを軸に奇妙なグルーヴと無国籍感を放つ南蛮渡来主催のMars89とminによるユニットThe Chopstick Killahzの6組がチョイスした「今」を感じるトラックたち。そのチョイスを聴きに、『Emotions』そして彼ら自身のパーティーへどうぞ。

YonYon [BRIDGE]

1. YonYon

パーティー名:UNDERWAVE

UNDERWAVEは、海外のアンダーグラウンドの波を東京のクラブシーンにまで届けるべく立ち上がった新たなパーティー。都内で DJ /プロモーター/ライターなど幅広く活動するYonYonが主宰するブッキングエージェントBRIDGEが企画・制作を行う。詳細は、UNDERWAVEの公式ウェブサイトにて。

https://sites.google.com/view/underwave/

トラック・ベスト3:

1. JUSTHIS & Paloalto - "Cooler Than the Cool feat. Huckleberry P"

コメント

韓国の社会事情を描いたリアルコリアンヒップホップ。PVのタイポグラフィーも情景を上手に再現しててカッコいい。何よりラップが本物。

2. Most Badass Asian - "우리가 얼마나 (WURIGA)"

コメント

次の世代の韓国ヒップホップクルー。まだ認知されていないけど、中でもEKというラッパー(PV中にドゥーラグ被ってる子)は圧倒的に実力派。

3. OFFONOFF - "춤 (Dance)"

コメント

ClubeskimoのメンバーであるOffonoffがかなり久々にEPをリリースしてて、「愛」という抽象的な感情をその甘い歌声で表現してくれているのがたまらない。

Aspara [Lomanchi / MAL]

Aspara

パーティー名 : Neoplasia

Emotions開催の翌日10月7日(土)、WWWβにてspeedy lee genesis主催のNeoplasiaというパーティーが開催され、僕もDJさせてもらいます。ディープハウスについて色々言いたいことはあるのですが、それはまたどこかでするとして、今回のステートメントにある「軽さ」という言葉の意味。いわゆるディープハウスとはまた違ったディープハウスが常態化し、じんわり感じとってもらえる日になるのでは思ってます。色んな人がその場に居て欲しい。来てくれ!

トラック・ベスト3:

1. NIGHTCRAWLERS - "Don’t Let The Feeling Go (MK Club Mix)"

コメント

この曲、凄くダサいなと思うんですけど凄く好きなんです。いちいちしつこいボーカルと謎の上ネタ、ベースラインがない等、色々消化しきれない曲。

2. Red Paradise - "Dance"

コメント

今年初めに日本で流通し始めたBottom Lineのコンピを買ってからDJでかけなかった日はないくらいよくかけます。どんな場所でもタフになれます。

3. Roy Of The Ravers - "Emotinium"

コメント

TB303が歌ってるような…とは某レコード店店主の言葉ですが本当にそんな感じです。とにかく軽い。

speedy lee genesis [Neoplasia]

3. S-LEE [Neoplasia]

 

パーティー名:Neoplasia

この周年イベントの翌日10月7日(土)に「Neoplasia」というパーティーを開催します。ディープ・ハウスで超ヘヴンなイベント。

2017/10/07 sat Neoplasia
OPEN / START 23:30 at WWWβ
ADV ¥1,000 @RA / DOOR ¥1,500

LIVE:

SHIZKA fka inoue shirabe [Antinote / birdfriend]

DJ:

Dr.Nishimura (悪魔の沼)
Aspara [Lomanchi / MAL]
speedy lee genesis (S-LEE) [Neoplasia]

wear:NOVO!

トラック・ベスト3:

キックが4/4で入らないディープハウスぽい曲(矛盾してるけど)ってかなり天国~って感じの多くて今やばいと思ってるんですけど、そういう変化球タイプで甘めのおすすめトラックです。偽ディープハウス。89~90年で固まっちゃいました……。

1. The Cure - "The Caterpillar (Flicker Mix) (1990)"

コメント

The Cureのリミックス曲。セルフリミックスなのかな?トロトロな展開のヘヴン具合が極上◯です。ドラムが意外ときちっと打ってるのも土臭くなくて好みです。mix upは他にもフロアであがりそうな曲が何曲か入ってていい感じ。

2. Paul Rutherford - "I want your love (1989)"

コメント

Frankie Goes To Hollywoodのメンバーがソロで出した唯一のアルバムから。Chicの代表曲のカバーですね。ハイハットで延々引っ張る感じで気持ちいい薄々のディープハウス。歌がケバいのものいいと思います。12のビート付きverはゴミなので間違えないで!

3. Ambi Ence ‎– "Pure Ambience (1990)"

コメント

Btechというスウェーデンのレーベルからノンドラムなトラック。柔らかいパッドにつつまれてて120くらいのテンポで気持ち良かったらなんでもディープハウスっていっちゃう感じで恐縮なんですが、このグリッド感、かなりグッときませんか?

次ページ : KOTSU、Daigo Sakuragi (D.A.N.)、The Chopstick Killahz

RELATED

YonYonとSIRUPによるコラボ曲"Mirror(選択)"がリリース | プロデュースは2xxx!

YonYonによる日本と韓国を繋ぐ新たなプロジェクト『TheLink』の第2弾となる楽曲"Mirror(選択)"が、本日リリースされた。

KEIJUなどが出演するイベント『NEVER STOP PLAYNG in TOKYO』にゆるふわギャング、PAELLAS、オカモトレイジ、YonYonの出演が決定

5/25(金)に代官山UNITでKEIJUや WONK×DIAN(KANDYTOWN)が出演し開催されるイベント『NEVER STOP PLAYNG in TOKYO』の追加出演者が発表された。 ライブアクトとして新たにゆるふわギャングとPAELLASが決定、DJではOKAMOTO’Sのオカモ...

【インタビュー】Yaeji | ルールを壊して好きなものだけで

韓国人の両親の元、NYで生まれ現在もNYを拠点に活動するYaejiは、「クゲアニヤ~クゲアニヤ~」という自身による韓国語のフックが中毒性の高い”drink i'm sippin on”やミニマルなサウンドとフラットなボーカルが見事に溶け合った"Raingurl"、さらにはDrakeの"Passionfruit"のハウスマナーに沿ったリワークなどを収録した、2017年型エクレクティックサウンドの最先端といった『EP 2』で一気に今年下半期の話題をさらった

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。