2人の気鋭アーティストが奏でるブルース『IMMIGRANT BLUES.』

CULTURE  2017.09.24  FNMNL編集部

福岡・春吉のコーヒースタンドTAG STÅにて、気鋭アーティストMADBUNNY(Akiyoshi Takada)、TOTEMの二人によるインスタレーションイベント『IMMIGRANT BLUES.』が開催される。

10/7から 10/22までの二週間開催される『IMMIGRANT BLUES.』は、ベルリンの最も危険な地域と言われている「KREUZBERG(クロイツベルク)」地区に移民として生活しているMADBUNNYとTOTEMが、その地区でのリアルな暮らしや環境をブループリント(青焼き写真)に収めて、一ヶ月以上に渡り繰り広げたインスタレーションペイントを加えた作品が飾られるというイベント。
『IMMIGRANT BLUES.』という展示のタイトルはIMMIGRANT(移住者、外来植物)、BLUES(気のふさぎ、憂うつ)の二つの意味から来ているらしく、危険地区独特の生々しくも美しいディストピア的な世界観が体感できそうだ。
MADBUNNYはフジロックフェスティバルの美術を担当する「Smash.UK.」に所属する唯一の日本人アーティストでもあり、TOTEMは俳優・モデル・アーティストとしても活躍していて、二人はそのマルチな才能から各国でも様々なアート作品を評価されており、今回の二人の展示は貴重な展示になると予想される。
この機会にぜひ、「TAG STÅ」 のほろ苦いエスプレッソを片手に、二人の奏でるブルースを体感してみてはどうだろう。
Info
IMMIGRANT BLUES-1
【IMMIGRANT BLUES.】
MADBUNNY + TOTEM
日 程 :2017.10.07(土) ~ 2017.10.22(日)
会 場 :TAGSTÅ GALLERY
時 間 :7:00 ~ 20:00 会期中無休
入場料 :無料
OPENING PARTY : 10.7.sat. 18:00-

MUSIC

FASHION

CULTURE