2人の気鋭アーティストが奏でるブルース『IMMIGRANT BLUES.』

福岡・春吉のコーヒースタンドTAG STÅにて、気鋭アーティストMADBUNNY(Akiyoshi Takada)、TOTEMの二人によるインスタレーションイベント『IMMIGRANT BLUES.』が開催される。

10/7から 10/22までの二週間開催される『IMMIGRANT BLUES.』は、ベルリンの最も危険な地域と言われている「KREUZBERG(クロイツベルク)」地区に移民として生活しているMADBUNNYとTOTEMが、その地区でのリアルな暮らしや環境をブループリント(青焼き写真)に収めて、一ヶ月以上に渡り繰り広げたインスタレーションペイントを加えた作品が飾られるというイベント。
『IMMIGRANT BLUES.』という展示のタイトルはIMMIGRANT(移住者、外来植物)、BLUES(気のふさぎ、憂うつ)の二つの意味から来ているらしく、危険地区独特の生々しくも美しいディストピア的な世界観が体感できそうだ。
MADBUNNYはフジロックフェスティバルの美術を担当する「Smash.UK.」に所属する唯一の日本人アーティストでもあり、TOTEMは俳優・モデル・アーティストとしても活躍していて、二人はそのマルチな才能から各国でも様々なアート作品を評価されており、今回の二人の展示は貴重な展示になると予想される。
この機会にぜひ、「TAG STÅ」 のほろ苦いエスプレッソを片手に、二人の奏でるブルースを体感してみてはどうだろう。
Info
IMMIGRANT BLUES-1
【IMMIGRANT BLUES.】
MADBUNNY + TOTEM
日 程 :2017.10.07(土) ~ 2017.10.22(日)
会 場 :TAGSTÅ GALLERY
時 間 :7:00 ~ 20:00 会期中無休
入場料 :無料
OPENING PARTY : 10.7.sat. 18:00-

RELATED

Chance The Rapperの作品のアートワークを手がけるBrandon Breauxの展覧会が緊急開催

Chance The Rapperの名作『Acid Rap』や『Coloring Book』などのアートワークを手がけているアーティストBrandon Breauxと、DUM-DUM LLPによるコラボ展が、本日から8/20(月)まで東京・原宿のOKUで開催される。

渋谷の街頭ビジョンを用いた『NEO SHIBUYA TV』にアート作品を紹介する番組が登場

渋谷の9機の街頭ビジョンを用いて、広告だけではない映像作品を輩出し、新たな街頭ビジョンの可能性を、創造の分野で追求するプロジェクト『NEO SHIBUYA TV』。

多和田有希の個展『悪魔祓い、系統樹、神経の森』がG/P galleryで開催

人間の精神的治癒のシステムをテーマに制作を行っているアーティストの多和田有希による個展『悪魔祓い、系統樹、神経の森』が、8/25(土)から東京・恵比寿G/P galleryで開催される。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。