DiploがRihannaに曲を聴かせたとき、「空港でかかってるレゲエみたい」と言われ死にたくなったと明かす

MUSIC  2017.08.09  FNMNL編集部

先日はMajor Lazerとしてもフジロックで来日するなど、世界中を忙しく飛び回るDiploのインタビューがGQStyleに掲載されている

このインタビューでDiploは主にCoachella開催時期に訪れていたアフリカ各国の模様について語っている。

先日リリースされたアフロポップの旗手WizkidのアルバムにもMajor Lazerが参加しているように、Diploは近年アフロポップのアーティストとの交流を深めているようで、今回のツアーの際もナイジェリアでBurna BoyやDavidoといったアーティストとレコーディングを行ったと話している。

その体験は近年のEDMシーンに飽きていたDiploにとってはとても刺激的なものだったようだ。

そしてインタビューの後半ではこれまでのDiploのキャリアが振り返られ、その中でRihannaについてのエピソードが語られている。Major Lazerの"Lean On"は当初Rihannaを想定して作られたものだが、Rihannaにパスされてしまったことは既に知られている。

Diploはその時のことを詳細に明かし、「Rihannaに曲を聴かせたら、『私はハウスは好きじゃない』と返され、顔を手で覆ったよ」と語っている。また別の機会にRihannaに曲を聴かせる機会があり、その時はFutureやThe Weeknd、有名になる前のMetro Boominもいたという。「Futureは700曲くらい聴かせていたよ。朝の4時くらいだった。おれは『1曲プレイさせてくれないと、おれは出て行くよ』と言って、1曲彼女に聴かせたんだ。そしたらRihannaに「空港でかかってるレゲエソングみたいね」と言われ、今度は自殺したくなった」とDiploは2回もRihannaとのコラボに失敗したことを話している。

このインタビューを読んだのか、RihannaはInstagramに「Diplo、私が悪かったわ」と無邪気な謝罪コメントをポスト。

#DutyFree 😂😂😂 My bad @diplo

badgalririさん(@badgalriri)がシェアした投稿 -

常に強気なDiploといえどもRihannaには一生勝てなさそうだ。

MUSIC

FASHION

CULTURE