DiploがRihannaに曲を聴かせたとき、「空港でかかってるレゲエみたい」と言われ死にたくなったと明かす

先日はMajor Lazerとしてもフジロックで来日するなど、世界中を忙しく飛び回るDiploのインタビューがGQStyleに掲載されている

このインタビューでDiploは主にCoachella開催時期に訪れていたアフリカ各国の模様について語っている。

先日リリースされたアフロポップの旗手WizkidのアルバムにもMajor Lazerが参加しているように、Diploは近年アフロポップのアーティストとの交流を深めているようで、今回のツアーの際もナイジェリアでBurna BoyやDavidoといったアーティストとレコーディングを行ったと話している。

その体験は近年のEDMシーンに飽きていたDiploにとってはとても刺激的なものだったようだ。

そしてインタビューの後半ではこれまでのDiploのキャリアが振り返られ、その中でRihannaについてのエピソードが語られている。Major Lazerの"Lean On"は当初Rihannaを想定して作られたものだが、Rihannaにパスされてしまったことは既に知られている。

Diploはその時のことを詳細に明かし、「Rihannaに曲を聴かせたら、『私はハウスは好きじゃない』と返され、顔を手で覆ったよ」と語っている。また別の機会にRihannaに曲を聴かせる機会があり、その時はFutureやThe Weeknd、有名になる前のMetro Boominもいたという。「Futureは700曲くらい聴かせていたよ。朝の4時くらいだった。おれは『1曲プレイさせてくれないと、おれは出て行くよ』と言って、1曲彼女に聴かせたんだ。そしたらRihannaに「空港でかかってるレゲエソングみたいね」と言われ、今度は自殺したくなった」とDiploは2回もRihannaとのコラボに失敗したことを話している。

このインタビューを読んだのか、RihannaはInstagramに「Diplo、私が悪かったわ」と無邪気な謝罪コメントをポスト。

#DutyFree ??? My bad @diplo

badgalririさん(@badgalriri)がシェアした投稿 -

常に強気なDiploといえどもRihannaには一生勝てなさそうだ。

RELATED

Rihannaがデートのためのアドバイスを行う

British Vogueの表紙を飾ったRihannaが、恋愛を始めるときのデートの方法についてアドバイスを行なっている。

Rihannaのレゲエアルバムには豪華ラインナップが参加か?

2016年にリリースしたアルバム『Anti』がロングヒットを記録し、現代を代表するディーヴァであることを我々に改めて認識させたRihanna。リリースから2年経った今でも『Anti』を聴いている人は少なくないはずだ。

DiploがZeddに対し「24時間以内にTwitterアカウントを消さないとPusha Tのようにディスする」と宣戦布告

ヒップホップシーンでは年がら年中様々なビーフが繰り広げられているが、ダンスミュージックシーンにおいても因縁のビーフがある。それはDiploとZeddだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。