Mr.Mitchのルーツと「信じる」こと | 2ndアルバムリリース & 初来日直前インタビュー

FEATURED  2017.07.12  FNMNL編集部

UKの名門レーベルPlanet Muに所属するグライムシーンの重要プロデューサーMr.Mitchが7/22にCircus Tokyoで、7/29には大阪のcompufunk recordsで初来日公演を行う。

SlackkやLogosとともに人気イベントにしてレーベル『Boxed』を主宰するMitchは、4月にリリースしたニューアルバム『Devout』でグライムやR&B、アンビエントなどを洗練された形で融合、新しい時代のサウンドを掲示した。来日ツアーを前にした彼にアーティストとしてのルーツや、2ndアルバムについて聞いた。

取材・構成 Sinta (Double Clapperz)

- まず初めに、2nd アルバム『Devout』リリースおめでとうございます。Mr.Mitchを知らない人のために、自己紹介とアルバムについて紹介いただけますか?

Mr.Mitch - UKのアーティストで、R&Bとグライムとポップスに影響を受けたエレクトロニックミュージックを作っている。私の音楽を作曲的だと思われるのは好きだね。アルバムの曲はほとんどこの2年で色々なアーティストと共作してきて、やっと自分の曲を自分自身で歌う勇気が出た。

 

- 印象的なふわふわとしたボーカルは自分の声だったんですね。

Mr.Mitch - アカペラをランダムな所から取ってきて、エフェクトをかけて使うよ。けど、確かに今回のアルバムは自分の声だね。

Mitch

- プロデューサー目線では、どのように曲を書き始めるのか興味があります。特に前作『Parallel Memory』に収録の”Sweet Boy Code (feat. Dark0)” のメロディが大好きです。

Mr.Mitch - メロディはトラックのもっとも大事な要素だね。いつもはコードかトップラインのメロディから書き始めるよ、Logic (DTMソフト) の中で書き始めて、トラックのフィーリングが連れて行ってくれる所に向かって作業していく。

- あなたの音楽は、グライムのエモーショナルな部分と他のジャンルをうまくミックスさせているな、と感じています。例えば学生時代には、どのような音楽に影響されてきたんでしょうか?

Mr.Mitch - 12歳の頃から曲を作っていて、最初はガラージ、次に音楽性が変化するにつれてグライムを作るようになったんだ。グライムで言えば Davinche、 Dot Rotten、Rapid、Wiley、Lewi Whiteに影響を受けた。でも、グライム以外で言えば一番聞いてたのはR&Bなんだ。R&Bが今の自分のスタイルに影響を与えてると思う。10代の頃からエレクトロニックミュージックの好みが広がって、Portisheadに強く影響を受けた。Raymond Scottにもぶっ飛ばされた、J Dillaとか他のアーティストがこぞってサンプリングしてたことを知る前だったよ。

 

- 話を今作『Devout』に戻します。今年MixpakからリリースしたPalmistryやDenai Mooreとコラボしていますね、どのようにクロスオーバーなコラボが実現したんでしょうか?

Mr.Mitch - 彼らの音楽には長年影響されてて、実際積極的に共作しようとしていたアーティストだったんだ。Palmistryはファーストアルバムに収録される予定だったんだけど、予定が合わなくて、Denai Mooreは美しくて特徴的な声をSBTRKTのアルバムで聞いた時から、一緒にやりたいと思ってたんだ。

- 色々な人と共作していますが、同時にこのアルバム・タイトルと曲に込められたメッセージはとてもパーソナルに聞こえました。特にP Moneyとの共作 ”Priority”は、「父親になること」や「成長すること」についてスピットしていますね。アイディアは一緒に考えたんでしょうか?

Mr.Mitch - 実は子どもをもつMCに「父親になる」という経験についてラップしてほしいと思っていたんだ。P Moneyは子どものことについてオープンに話しているMCで、自分のお気に入りのMCでもあった。しかも同じエリアで育ってきて、いつも彼はエリアの1番のMCだった。だから、彼はこのテーマにパーフェクトな人だったんだ。ブースに入って、完全に自分が求めていたものをラップしてくれたよ。

- アルバムの題名の『Devout』(信心)とはどんな意味なんでしょうか?

Mr.Mitch - 自分の家族、友情、愛への信心(献身、devotion)についてだよ、他の人が宗教に対して扱うように、自分はこうしたつながりに向き合っているんだ。

Mr.Mitch

- 最後に、東京でのDJセットを楽しみにしています。どんなセットになりそうですか?

Mr.Mitch - いつもセットに対しては流動的なアイディアを持つようにしていて、どんなセットをやるかってことを決めてはいないんだ。いつも、その時の感じであれこれプレイするような「エクレクティック」なスタイルだし、オーディエンスを違う場所に連れていくようなセットを楽しんでいるんだ。

Info

Mr.Mitch

7/22 (土) 23:00- Mr.Mitch Asia Tour in Tokyo @CIRCUS TOKYO

ADV/DOOR - ¥2000/2500

Mr.Mitch (Planet μ / Gobstopper Records)

Double Clapperz

VOID (GYTO / TUM / AZEL / SKYFISH)

Mr Mitch

2017.7.29(sat) merde at compufunk records

open/start 23:00 door ¥2500 till 24:00 ¥2000

Guest Mr. Mitch (Planet Mu, Gobstopper Records, Boxed)

Yousuke Yukimatsu(Zone Unknown)

satinko(Cm3)

YOUNG ANIMAL(merde)

ECIV_TAKIZUMI(merde)

 

MUSIC

FASHION

CULTURE