Mr.Mitchのルーツと「信じる」こと | 2ndアルバムリリース & 初来日直前インタビュー

UKの名門レーベルPlanet Muに所属するグライムシーンの重要プロデューサーMr.Mitchが7/22にCircus Tokyoで、7/29には大阪のcompufunk recordsで初来日公演を行う。

SlackkやLogosとともに人気イベントにしてレーベル『Boxed』を主宰するMitchは、4月にリリースしたニューアルバム『Devout』でグライムやR&B、アンビエントなどを洗練された形で融合、新しい時代のサウンドを掲示した。来日ツアーを前にした彼にアーティストとしてのルーツや、2ndアルバムについて聞いた。

取材・構成 Sinta (Double Clapperz)

- まず初めに、2nd アルバム『Devout』リリースおめでとうございます。Mr.Mitchを知らない人のために、自己紹介とアルバムについて紹介いただけますか?

Mr.Mitch - UKのアーティストで、R&Bとグライムとポップスに影響を受けたエレクトロニックミュージックを作っている。私の音楽を作曲的だと思われるのは好きだね。アルバムの曲はほとんどこの2年で色々なアーティストと共作してきて、やっと自分の曲を自分自身で歌う勇気が出た。

 

- 印象的なふわふわとしたボーカルは自分の声だったんですね。

Mr.Mitch - アカペラをランダムな所から取ってきて、エフェクトをかけて使うよ。けど、確かに今回のアルバムは自分の声だね。

Mitch

- プロデューサー目線では、どのように曲を書き始めるのか興味があります。特に前作『Parallel Memory』に収録の”Sweet Boy Code (feat. Dark0)” のメロディが大好きです。

Mr.Mitch - メロディはトラックのもっとも大事な要素だね。いつもはコードかトップラインのメロディから書き始めるよ、Logic (DTMソフト) の中で書き始めて、トラックのフィーリングが連れて行ってくれる所に向かって作業していく。

- あなたの音楽は、グライムのエモーショナルな部分と他のジャンルをうまくミックスさせているな、と感じています。例えば学生時代には、どのような音楽に影響されてきたんでしょうか?

Mr.Mitch - 12歳の頃から曲を作っていて、最初はガラージ、次に音楽性が変化するにつれてグライムを作るようになったんだ。グライムで言えば Davinche、 Dot Rotten、Rapid、Wiley、Lewi Whiteに影響を受けた。でも、グライム以外で言えば一番聞いてたのはR&Bなんだ。R&Bが今の自分のスタイルに影響を与えてると思う。10代の頃からエレクトロニックミュージックの好みが広がって、Portisheadに強く影響を受けた。Raymond Scottにもぶっ飛ばされた、J Dillaとか他のアーティストがこぞってサンプリングしてたことを知る前だったよ。

 

- 話を今作『Devout』に戻します。今年MixpakからリリースしたPalmistryやDenai Mooreとコラボしていますね、どのようにクロスオーバーなコラボが実現したんでしょうか?

Mr.Mitch - 彼らの音楽には長年影響されてて、実際積極的に共作しようとしていたアーティストだったんだ。Palmistryはファーストアルバムに収録される予定だったんだけど、予定が合わなくて、Denai Mooreは美しくて特徴的な声をSBTRKTのアルバムで聞いた時から、一緒にやりたいと思ってたんだ。

- 色々な人と共作していますが、同時にこのアルバム・タイトルと曲に込められたメッセージはとてもパーソナルに聞こえました。特にP Moneyとの共作 ”Priority”は、「父親になること」や「成長すること」についてスピットしていますね。アイディアは一緒に考えたんでしょうか?

Mr.Mitch - 実は子どもをもつMCに「父親になる」という経験についてラップしてほしいと思っていたんだ。P Moneyは子どものことについてオープンに話しているMCで、自分のお気に入りのMCでもあった。しかも同じエリアで育ってきて、いつも彼はエリアの1番のMCだった。だから、彼はこのテーマにパーフェクトな人だったんだ。ブースに入って、完全に自分が求めていたものをラップしてくれたよ。

- アルバムの題名の『Devout』(信心)とはどんな意味なんでしょうか?

Mr.Mitch - 自分の家族、友情、愛への信心(献身、devotion)についてだよ、他の人が宗教に対して扱うように、自分はこうしたつながりに向き合っているんだ。

Mr.Mitch

- 最後に、東京でのDJセットを楽しみにしています。どんなセットになりそうですか?

Mr.Mitch - いつもセットに対しては流動的なアイディアを持つようにしていて、どんなセットをやるかってことを決めてはいないんだ。いつも、その時の感じであれこれプレイするような「エクレクティック」なスタイルだし、オーディエンスを違う場所に連れていくようなセットを楽しんでいるんだ。

Info

Mr.Mitch

7/22 (土) 23:00- Mr.Mitch Asia Tour in Tokyo @CIRCUS TOKYO

ADV/DOOR - ¥2000/2500

Mr.Mitch (Planet μ / Gobstopper Records)

Double Clapperz

VOID (GYTO / TUM / AZEL / SKYFISH)

Mr Mitch

2017.7.29(sat) merde at compufunk records

open/start 23:00 door ¥2500 till 24:00 ¥2000

Guest Mr. Mitch (Planet Mu, Gobstopper Records, Boxed)

Yousuke Yukimatsu(Zone Unknown)

satinko(Cm3)

YOUNG ANIMAL(merde)

ECIV_TAKIZUMI(merde)

 

RELATED

【インタビュー】Mogwaa | 韓国のムーディーなモダンファンク求道者

スタンダードなモデルから簡易的なバージョンまで、ソウルの永登浦(ヨンドゥンポ)エリアにあるこじんまりとした規模のMogwaaのスタジオは、様々なシンセサイザーとドラムマシーンなどの音楽機材でいっぱいだった。

【インタビュー】 Ryohu『Ten Twenty』 | 過去と未来が、今の自分の現在地

KANDYTOWNのメンバーであるRyohuがミックステープ『Ten Twenty』をリリースした。この作品には、IO、KEIJU、MUD、GottzらのKANDYTOWNメンバーはもちろん、Campanella、in-dといったラッパー、シンガーではWONKからKento NAGATSUKA、AAAMYYY、MALIYA、ビートメイカーとしてEVISBEATS、OMSBが参加することが発表され、リリース前から大きな話題を集めていた。

【インタビュー】Kiki Kudo | ライター工藤キキがNYに移住して音楽作品をリリースするまで

新しい音楽が立ち上がるのはコミュニティからだとしたら、音源から想像するKiki Kudoを取り巻く今の環境はとても謎めいていて軽快で楽しそうだ。都内でライターやキュレーターとして活動をしていた工藤キキの姿を、朝までクラブで遊んでいる最中に見かけた人も多いはず。彼女は2011年にジャーナリスト・ビザを...

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。