adidas consortiumからEND.×Bodegaとのコラボスニーカー

adidas consortiumから世界の人気ショップとのコラボシリーズ最新作が登場。今回はニューカッスルとグラスゴーに店舗を構えるメンズウェアとスニーカーの人気ショップEND.と、ボストンで日用品店のような店構えでメンズウェアやシューズを取り扱っている珍しいショップBodegaとのコラボとなる。

今回のコラボでEND.とBodegaは、1970年代のランニングシューズの名品、Havenをソフトスエードでラグジュアリーにリメイク。

adidas consortium

adidas consortium

もう1つのリメイクではIniki Runnerをチョイス。クラシカルな美しさに、BOOSTTM ソールなどの最新要素や非常に現代的なシルエ ットを合わせ、遊び心を注入。

adidas consortium

Consortium_EndXBodega_Concept_Shot_Lo_3

END.とBodegaは、Iniki RunnerのアッパーとHavenのスリーストライプスはパッチワークで表現され、再生し進化し続ける役割というテーマを伝えている。

デザインは、ボロデニムと日本の刺し子というステッチの影響を受けたものとなっている。価格はHavenが¥21,000(税抜き)、Iniki Runnerが¥23,000(税抜き)となる。

Info

 

Pre-Release/ 2017/7/1 END.(endclothing.com) , Bodega (bdgastore.com)

General Release/ 2017/7/8

Dice & Dice, Hankyu Men’s Tokyo,

mita sneakers,

Styles DAIKANYAMA,

UNDEFEATED

RELATED

Toyamegが描き下ろしたMOONSTARの歴史やクラフトマンシップにフォーカスを当てた展示イベントが開催

145年の歴史をもつMOON􏰂􏰀STARの総合旗艦店『MOON􏰂􏰀STAR􏰃 Factory Ginza』のオープンにあわせ、イラストレーターのToyamegとのコラボによるブランドの歴史やクラフトマンシップにフォーカスを当てたアートイベントを11/19(月)から開催する。

AdidasのCEOが「Yeezyの売上が落ちているなんてことはない」と語る

日本でも人気の高いKanyeとAdidasのコラボラインYeezy。 今季もその人気は継続するものと見られていたが、Kanyeのトランプ支持表明などの一連の暴走により、多くのショップがYeezyの売上が落ちるのではないかと推測していた。

BILLY'Sで90年代VANSの隠れた名作『LAMPIN』をモデルにしたエクスクルーシブスニーカーが登場

積極的にエクスクルーシブなモデルをリリースし続けているBILLY'Sから、VANSの限定スニーカーが登場。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。